「ふぃ」を大切に。

Proving through my life that everything happens for a reason (:

【9月読書記録】今月出逢った10冊

 あっという間に9月も終わり。クールビズが10月末までよかったて思う程度にはまだ日によって暑いな~9月はいろんな人にオススメの本教えてもらったので、10月はみんなのオススメの本をたくさん読みたい!な

 

①日本の未来は女性が決める!

 この本よかった◎日本で活躍してる女性数人を取材してまとめた感じの本やねんけど、そういう業界で成功してる女性がいるねんな〜とか新しい情報が多かった!女性の活躍がどうしても会社での活躍っていうよりは会社でキャリア積んだ後に起業して起業家として活躍が圧倒的に多いのはちょっと悲しいけど。

取材者がイギリスの男性っていうのも新鮮。男性目線や海外からの目線なども感じられて面白い。

  

②スッキリ!たった5分間で余分な物をそぎ落とす方法

 さくっと読める本。今からできること60個提案してくれる本。こういうのって読んだ時にすぐやればいいねんけどやらんからあんまりためになってないなっていつものことやけど思う。。。読む意味w

 

③他人のセックスを見ながら考えた

 こういう本、貴重だよね、最近増えてきたのかもしれないけど。AVとかの現場で働く女性の女性目線の本。興味深い。

 

④ナイルパーチの女子会 

ちょっとひくレベルで友達へ固執する女の子の話。なんかちょっと怖いよ。でもこういう状況になっちゃうこともあるのかなって思ったり。精神的に追い詰められるってしんどいよね。

  

⑤床屋さんへちょっと

なんだか時系列なわけでもなく、ちょっと不思議な感覚で読み進めた本。でも総じていいお話だった。家族のお話、っていうのかな。父が娘をこういう感覚で見てたりするのかな〜とか、孫との関係とかいろいろ。

 

⑥女に生まれてよかった。と心から思える本

女子力とか、女は若さとか。女性だからって求められることとか女性だから意識しないといけないことが多くてほんま日本社会って生きづらーい!って思ったから借りたんだけど。特に新しい学びはなかって残念だったかな、、、。女性がもっと自己肯定力をあげる必要性があることや社会の価値観に縛られているのから解放されるべきという内容でした。

でも女に生まれたからには女に生まれてよかったと思いたいし、そう思うしかないなと勝手に思った(本の内容とは関係ない)

 

⑦傷だらけの店長 

本屋さんで働くのって大変なんやなっていう新しい学び。わかってったちゃ分かってたけど。こういう本はこんな仕事もあるんやなっていうのがわかるから好き。

 

⑧末ながく、お幸せに

とてもさくっとよめはう小説でびっくりした。なんか結婚式ってこんなにいろんなひとの思いがつまるんやなっていうのめっちゃ感じた。

結婚式なんかやらんでいいやって思ってたけど、これだけ意味のあるものやったらお金かけてやる価値あるんかもな〜

  

⑨ランチのアッコちゃん

この本の珍しいところって最後に後書きがなかったことかな、?。後書きって、こういうメッセージ性があったんだっていう新しい気づきがあるところなので結構読むのが好きなんだけど、これはなかったから違和感!

そして短編4本だったからこの本のメッセージは何だったのかいまいちピンとこなかった。でもお話自体は普通におもしろかったしよかったかな〜

 

⑩マリコ、うまくいくよ

社会人2年目、12年目、20年目の3人のマリコの職場での話なんだけど、共感の嵐〜〜〜〜!!今ちょうど自分が2年目で、12年目の先輩も20年目の先輩もいるからとてもしっくりきた。先輩たちはこんなこと考えてるのかな〜って。うちの会社も女性少ないし、多分3人のマリコに環境もにていたのかも。