「ふぃ」を大切に。

Proving through my life that everything happens for a reason (:

この電話をとらなかったら。

この電話をとらなかったら・・・と思うことがある。

仕事ではかかってきた電話は若手が取るというのが常識(そもそもこの謎の暗黙のルールの必要性についても意味不明なのだけど)なので、一応積極的に電話を取るように努めている。

 

が、「あーはずれ!」っていう電話がたまにある。

今日もひとつあった。

びっくりするくらい愛想のない声で「○○さんいます?」という電話。とにかく愛想がなくて、自分の言いたいことだけ言って、勝手に切られた。 途中からは敬語でのけの字もなくなった口調だった。

そもそも、その電話はうちの部署にかかってきた電話じゃなくて横の部署の電話だった。でも横の部署の人は出払ってたので、代わりに取ったわけで。誰がどこの担当なのか、今どこにいるのか、という詳細情報までかれんは知らない状態でとってたので担当者が誰か分からないことに文句言われても困る。

でも電話してる側からしたらそんなの関係ないんだよな~

 

 

でもでも、もしかしてこれは電話にでたのがかれんだったからなんじゃないかなって思ったり。もし電話にでたのがおじさんだったら、もし声に若さを感じられない人だったら、こんな話し方をされたのだろうか。

あんな上から目線で話されたんだろうか。

 

百歩譲って、これがお客様からの電話だったら、こういうお客様もいるんだで終わらせられたけど。残念なことにかかってきたこの電話は同じグループ会社の人からだった。

うちの会社にもこんな電話の掛け方する人まだいるんだな・・・ってひどく残念に感じた。 

 

電話くらい、明るくでたいし、電話してきた人にもうちの会社のいい印象を持ってもらいたいし気持ちよく電話を切ってもらいたい。

なのに、こういう電話一つで、気分が下がったり、イライラしたりしてしまう。

もっと気持ちに余裕の持てる人になりたいな~

ってかれこれ1年くらい言ってると思う。

気持ちのコントロールって難しすぎるね。