「ふぃ」を大切に。

Proving through my life that everything happens for a reason (:

【4月読書記録】今月出逢った13冊

5月は電車を読書の時間じゃなくて勉強の時間に当てようと思ってるのでおそらく全然本を読めない気がする分、4月はたくさん読めたかな。 

最近は待ち合わせの時間まで時間があると本屋さんによって、入り口付近に置かれてる本をチェックするのが習慣化してる(そしてペラペラ見てみて気に入ったら図書館で探すw)。本をどんな時もあっさりと買える人ってすごいなとやっぱり思います。

 

①がんこスーパー

はじめましての著者さんの本だったけど、とてもよかった〜ご近所さんの交流とかって東京にいるとほとんどないけど、やっぱりそういうコミュニティも素敵だな〜と思える本。田舎の暮らしもちょっとやっぱり気になる。地方留学とかあり。(でも根っからの都会っ子だから1年も無理な気もする)

 

②La Vie Rose

とっても悲しくなった本。最後の終わり方がこの終わり方で救われた。と同時にその後どうなったかも少しは気になるけど。主人公に共感することはなく、どちらかと同情しながら、ちょこっとイライラしながら読んでしまったけど、こういう境遇の人ってきっとたくさんいるんだろうな。。。とか思いながら読み進めてた。

 

③ガウディ計画

ここんところ図書館で出会えてなかった池井戸さん。下町ロケットの続編なんだけど正直下町ロケットがどんな話だったかはもう忘れた(笑)それでも十分楽しんで読めたけどw本書も安定な良さでした。

 

 ④もう誘拐なんてしない

読み始めはなんだかうーんみたいな感じだったんだけど、途中から、ちょっとうっとうしいくらいのツッコミやおばか感?みたいなのに慣れると面白くなって最後まで読んだ本。 ちょっとミステリー感もある、でもそんな深刻な感じを感じさせない軽さのある本。ミステリーはそんなに好きじゃないけどこれくらいの軽さなら好きだな〜

 

⑤働く女子の時間のルール

がっつり読むというよりは参考になりそうなところをちょこちょこ読むという感じで読むのがいい本かな?Podcastはもっと活用しよう!と思ったから早速毎朝起きたらNHKの英語ニュースをPodcastで聞いてる◎

 

⑥青春ふたり乗り

学生時代にやりたくて、でも叶わなかったことってかれんもいろいろあるから共感することもたくさんあった◎これだけ正直に叶わなかったことを見栄はることなく書けちゃうミリさんがすごいと思う。

結婚しない・子供を産んでない人生になったことに関して最後の方に書いてあったのがなんだかすごい共感できちゃってやばかった。(語彙力・・)

自分に与えられている時間を誰かに持って行かれることには慣れていない。

だから俺についてこいって言われても「はあ?自分のタイミングありますんで」

wwwほんとそれ。

 

⑦子作り爆裂伝

なんだかとってもすっきりしちゃう本。あっけんからんと書いてて最後とかあっさり浮気されてたことを書いててこっちが驚いちゃう。でも正直で素直な気持ちもきちんと書かれてて読んでたら息子さんへの愛が溢れててなんだかいいなあって思えちゃう。

 

⑧チェリーブロッサム

途中からなんとなく結末がわかっちゃって、そういう意味であんまり凝ったお話ではなくありがちなパターンなんだけど、さくっと読めて精神的にも安定的に読める本!笑

 

⑨学生時代にやらなくていい20のこと

友達に勧められて読んでみた本。学生時代にやるべきことを書いてる自己啓発本のような本はたくさんあるけど、これはその反対で、しかも著者が学生時代にやったクレイジーなことが書かれてるだけだから別に参考になるとかはないけど、シンプルに面白い本。

 

10きれいなシワの作り方

迫りくる産む産まない問題って深刻だよね。。w

大好きなミリさんのエッセイと似た感じのゆるさと、もやもや感と、本音がちらちらでてる感じがとても好きだった!村田さんの本3冊目だけどこれが一番好き。もっとエッセイも書いてほしいな〜

 

11.マツ☆キヨ

結構真面目なことが書かれてるマツコデラックスと池田先生との対談本。副題がへんな人で生きる技術っていうのがいいよね。

ほんまでっかTVでみてた池田先生がどんな人かあまり知らなかったからへえ〜ってなった本。変人として日本社会で生きるのって大変で、でもずっと変人枠で進み続けるとそのうちあの人ならしょうがないよねって周りが寛大に見てくれる、ってあたりが本当に共感だった。

 

12.人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている

全然楽しくなくて(笑)最後まで読まなかったからここに書くかも迷ったけど、まあ途中まで読んだし!言ってることはわかるんだけど、そこまで考えるのもな〜って難しいことがきらいなかれんはなってしまった。

 

13.チームFについて

登場人物が多すぎるのと、話があっちいったりするので気を抜いているといろいろ情報が抜け落ちちゃう本。そういう意味ではちょっと読んでて疲れたけど、それでも話の内容的には普通によかったかな、。