「ふぃ」を大切に。

Proving through my life that everything happens for a reason (:

参加レポ;走って食べてのスイーツマラソンに初参加!

ずーっと気になってたスイーツマラソンに同期と先週参加してきました〜!

www.sweets-marathon.jp

 

スイーツマラソンとは、所謂ファンランと呼ばれる、ガチな走るだけのマラソン大会ではなく、スイーツが食べれるマラソン大会です。

このスイーツマラソン、走った後にご褒美としてスイーツが食べれるとよく誤解されてるけど実際は走って食べてを繰り返すマラソンです!!!w

 

親子マラソン・リレーマラソンなどいろんな形でエントリーができるけど、いずれも走り終わった後にスイーツが食べれるのではなく、走りつつ、道中にある「給スイーツ所」で糖分を補給し、ちょっと休憩したら、また走り続けるマラソン大会なんです。

 

今回は東京のお台場で行われたスイーツマラソンの6kmの部に同期と初参加。

お台場の場合、一周1.5kmのコースのちょうど真ん中らへんに給スイーツ所があり、それを4周するというコースになっています。

ちなみに朝一の部(9時スタート)は少しだけ参加費が安いのでそれにエントリーしたら、集合時間がまさかの7:10~8:20。笑

はやすぎてびびった。

f:id:karenm:20190126140806j:plain

8:20までにエントリーハガキをゼッケンと参加賞に交換し、お着替え。お着替えは一応着替え用テントのようなものが用意されてます。でもごった返しやすいから着れるものは下に着ていくのがベターかな。

その後荷物は荷物置き場へ。ただのブルーシートが引かれてるエリアに置くので、人のものと混ざらないようにカバン・コートなど全部が入る大きなゴミ袋を持ってきてる人が結構いた。賢い!次回からそうしようと思いました。

 

開会式は別にたいしたことないので聞いても聞かなくてもって感じ。

そしていざマラソンスタート。とりあえず給スイーツ所まで走るのみ(一周目から全く走ってない人ももちろんいるあたりがスイーツマラソン)。

着くと、スイーツゲットのための行列・・・

f:id:karenm:20190126134833j:plain

1人2個のおしゃれスイーツエリア

原因はこのこたち。個数に限りがあるため、並ぶ。かつ1人2個っていう制限付きwこのこたちを2個以上食べたければまた1.5km走って戻ってこないといけないという仕組み(よくできてる)。ここにあったマカロンがめちゃおいしかった〜〜〜あとタルトも。このおしゃれスイーツ以外は基本的にならばずに食べれます。

 

このおしゃれスイーツ、2周目戻ってきたときはまだ数種類残ってたのでまた食べれたけど3周目には売り切れてました。悲しみ。しかもマカロンは2周目の時点でなくなってたので1周目はマカロン2個にすればよかった〜ってちょっと後悔。

なので3周目以降は普通のスイーツたちばっかりを食べる。普通のスイーツとは、メロンパンラスクとかスイートポテトとかゼリーとかアイスとか、芋けんぴとかスーパーで売ってるレベルのお菓子です。おいしいけどね。

 

ちなみにこのスイーツマラソン、制限時間があるから永遠に食べることはできない(当たり前)。6kmだと制限時間は70分。なので完走証が欲しかったら最後の周は逆算して給スイーツ所で最大限スイーツを食べないといけない。

でも大丈夫。給スイーツ所の人たちが大声で教えてくれる。「完走証がもらえるまであと10分ですよ〜」って。だからぎりぎりまでスイーツ食べて、自分が残り何分でゴールできるか逆算したら70分ギリギリにゴールできる。

f:id:karenm:20190126140836j:plain

ちゃんと完走証げっと

個人的にとーっても楽しかった〜

お台場だから景色もいいし、スイーツを食べるという目的を持って走るのはかれんにとってわかりやすくていい。楽しく走るっていう空気が充満してるから友達と喋りながら走ったり歩いたりできるし。あとねスタッフの人がとってもいい人が多い気がした◎

写真とってください〜っていったらマラソン中でも全然取ってくれるし、3周目4周目はもうしんどくて口がパサパサするものは無理だからアイスばっかり食べてても笑いながらアイスくれたし(アイスはスプーンに1口サイズでくれるから何スプーンももらったの)。

強いて言うなら、参加費がちょっと高い(1人6000円!)ていうのと、スイーツがもう少しクオリティ上がればっていうのと、参加賞がしょぼいことが欠点かな〜

 

でも楽しく運動できた気分になる(スイーツ食べてるから意味ない)し、6kmまだ走れるんだって希望持てるし(正確には半分くらい歩いてる)、その価値はあったのかな〜って。

また機会があれば参加したいし、他のファンランも試してみたくなりました〜

みなさんもぜひ!