「ふぃ」を大切に。

Proving through my life that everything happens for a reason (:

映画館に行かない派の映画記録2019①

2018年は映画記録によると40本の映画を見てたみたいです。本は114冊も読んでたのに映画はたった40本しか見てなかったんだっていうのが個人的な感想(笑)

でもそれでも12ヶ月で40本だから平均で毎月3本は見てたことになるのね〜ならそんなもんかっていう気も。

2019年は100本とまでは言えないけど(笑)50本くらいは見れたらな〜〜〜

2019年も引き続き同じタイトルで映画記録していきます◎!

 

①Juliet Naked

youtu.be

ちょっと切なくて納得のいかないエンディングだったのが悲しい。てかそもそも15年もよく夫婦でいられたな感が半端ない。

あとこの映画舞台がイギリスなのでブリティッシュイングリッシュです。

 

②The family stone

youtu.be

見始めて気づいたけど多分この映画見るの2回目?笑

こんなうまくいくことあるんかい!って感じのエンディングやけど、いい映画。と同時に婚約者の家族とうまくいかないって死活問題なのを実感する。

ちなみに日本語タイトル「幸せのポートレート」らしい。笑った。

 

③Christopher Robins

youtu.be

プーさんののんびり感に癒される映画。
あとDoing nothing sometimes leads to the best of something って言葉が何回も出てくるんだけど好きだな〜

 

④Crazy Rich Asians

youtu.be


めちゃくちゃ見たかったやつ〜♡飛行機にあってテンション上がった。

久々のシングリッシュ(シンガポール訛りの英語)が嬉しすぎてもう一回くらい見たい。そして主人公もその彼氏も顔好き。

 

⑤Elf

www.youtube.com


青山テルマちゃんがインスタストーリーに爆笑できるって載せてたの覚えてて飛行機で見つけて見てみた。たしかに笑えるところある。古い映画だからか(っていっても調べたら2003年だった)時代を感じる映像感(笑)一応ニューヨークが舞台でセントラルパークもでてくるけどなんかちょっと違う感(笑)