「ふぃ」を大切に。

Proving through my life that everything happens for a reason (:

【12月読書記録】2018年は114冊読了しました◎

12月!あっという間に2018年終わっちゃった。2017年の9月から読んだ本を記録に残そうって決めて、気づいたら1年以上続いちゃった。

2018年前半は就職前の最後の追い込みで遊ぶのに忙しくて読書にまで手が回らず月5冊ほど読めたらな〜くらいだったのだけど4月からは通勤時間が片道1時間なのもあって、もっと読めるかも・・・って思いつつも東京の満員電車で本を読むコツをつかむまではちょっと時間がかかったのも懐かしい。

本を読む時間が圧倒的に増えてからは2週間に1回は図書館に通うのがルーティンになり漠然と1年間で100冊読めたらいいな〜と思って人生でやりたい100のことリストに書いたのが夏の話。

>>>人生でやりたいことリストaka "My Bucket List" - 「ふぃ」を大切に。

 

2018年1月〜12月に読んで本を全て足してみると11月までで103冊と100冊超え◎12月分も足すと2018年読んだ本は全部で114冊でした〜100冊目標に読み出したらあっさり100冊読んじゃってたのに驚き!これって時間に換算すると一体何時間なんだろうね(笑)

 

2019年もこのペースで、好き嫌いせずにいろんな分野の本を読んでたくさんインプットしたいなぁ。

 

①モンスター

この本強烈だった・・・めっちゃ長いけど、続きが気になってついつい読んじゃう。百田尚樹さんの本は長いけど引き込まれる本が多い気がする。

整形してブサイクと言ってきた人たちに復習しつつ、昔好きだった人を探し続けるすごい執念を持った女の人のお話。あ〜ほんますごかった・

 

②渋谷に里帰り

オシゴト系青春小説って紹介文にひかれて借りた本。①に比べたら軽すぎて(笑)でもいい本だった。とても現実感があふれていて。

どこにでもいそうな仕事にいまいちやる気のない男の人が渋谷でちょっとずつ仕事の価値を見つけていく感じ。ちょっとずつ登場人物たちが前に進んでいく前向きな話。

 

③サヨナライツカ

25年越しの恋愛話。なんかちょっと悲しい。大好きだけど自分のキャリアと周りの評価を優先して違う人と結婚した男の人と彼の状況を理解して自ら引きずっと独り身でいた女の人。でもずっとそのことを後悔しつづけた男の人。

後悔はないようにやっぱり生きたいなと思うような本。

ちなみに、人間は死ぬ時愛されたことを思い出す人と、愛したことを思い出す人にわかれるらしい。かれんはどっちだろうな。

 

④/⑤空飛ぶタイヤ 上・下

あ〜やっと読み終わった感が最後にある、2冊に渡る結構長いお話だった。先が気になってもうなんか速読してる気分だったw

やっぱ池井戸潤さんいいよね。最後がハッピーなあたり安心して読める。でもこの本に限っては最後がハッピーってわかっててもヒヤヒヤしてしまったわ。

 

⑥日本全国ゆるゆる神社の旅

 たまに読みたくなるゆるい絵系の本(というか漫画?)。普通だった。個人的にやっぱりまだたかぎなおこさんを超えるコミックエッセイを書く人に出会えてない。。。

 

 ⑦ようこそ、バー・ピノッキオへ

行きつけのバーが欲しくなる本。

 短編だけど全てバーとバーにきてるお客さんの話で、リンクしているから短編感をあんまり感じずに読める。表紙のやわらかい雰囲気が本の文のやわらかさとリンクしてていい〜

 

⑧今日を生きる

かれんこの弁護士さん知らなくてたまたま借りただけなんだけど、なかなか有名な方だったみたい。一番出してる本で有名なのは「だから、あなたも生きぬいて」のよう。そっちも少し気になるから今度図書館で探してみよっと。

この本は結婚されて生まれた子供さんがダウン症で、生き方・住み方・食べ方とかがごっそり変わったことを記録されてる本。でもちょっと勉強のコツとか食べ物の選び方のコツとかが書いてあってただの記録ではなくて参考になることも書いてある本でした。

 

⑨真実の10メートル手前

友達に勧められて借りてみた本。ミステリー系はあんまり好きじゃないけど、これは読みやすかった!強いて言うなら短編みたいな感じで小さい事件がたくさん詰まってるからちょっと物足りなさは感じたかな〜

でもこれはスピンオフ的な本みたいで同じ主人公のメイン本があるみたいだからそっちに期待!

 

 

⑩突然美女のごとく

可もなく不可もなくという感じの本といったら申し訳ないけど、たまにちょっと面白いエピソードがあるくらいだから最後まで読むのにめちゃくちゃ時間がかかった。

へえ〜って感じで終わっちゃう本かな。

 

11.なぜ御社は若手が辞めるのか 

いろんな調査結果といろんな若手に聞いたインタビュー内容が書かれてるだけで特に真新しいことは書いてなかった気がする、、、

といっても何をこの本に求めていたのかって言われたらそれ自体明確じゃなかったからかれんも悪いんだけれども。人事の人が今時?の社員の気持ちを知るのには参考になるのかも?