「ふぃ」を大切に。

Proving through my life that everything happens for a reason (:

アメリカ大学で読んだ日本文学たち

日本に帰国してから(就活だけじゃなくて他の場面でも)、アメリカの大学でどんな勉強をしていたかを聞かれることが多くて気づいたのが、かなりいろんな本読んだのは確かだけどうろ覚えなのが多いなということ。

 

そこで、blackboardや大学のメールにアクセスできなくなる前に大学で履修した日本文学の授業をブログで整理しよう!と思い立ったんです。

ちなみにアメリカで日本文学を勉強することについては以前はっちすたじおNYで記事を書かせてもらいました。

newyork.hatchstudioinc.com

 

アメリカの大学生活3年間でかれんが履修した日本文学関連の授業は全部で5クラス:

・AAS 216.01 Introduction to Japanese Studies

・AAS 237.01 Introduction to Japanese Literature 

・AAS 322.01 Literature of Japan

・AAS 331.01 / WST 331.01 Japanese Literature in the Feminine Domain 

・AAS 332.01 Japanese Literature in the Meiji Era

 

実はこの5クラス中、4クラスは同じ教授によって教えられてたんです。アメリカ人(白人)で、昔日本に留学した経験もあるおばあちゃん先生♡この先生の授業を一般教養の単位のために取って、その授業が好きすぎてアジア学専攻・日本学マイナーに。それくらいこの先生の授業スタイルが大好きでした。

 

 先生の授業は、基本事前課題として出された文学を読んできて授業で小テスト・ディスカッション(たまにグループごと)が行われるというもの。

本を読んでこないと小テストは0点になるし、授業に参加もできないから必ず事前課題を読むことが必要となるっていう意味では結構はじめは苦労した授業でもある。そして5クラスもとったから最後の方は教授に当たり前のように覚えられていて名指しで質問されることもよくあったな〜

 

そんな先生の授業で読んだ本について少しだけ記事を書いている留学voiceでも紹介させてもらいました。

www.ryugaku-voice.com

 

毎学期最低でも本3冊の購入+教授が用意した小説や文学を読んでいたから5クラスで読んだ本は全部で何冊あるんだろう?と思ってしまうくらい、アジア学では本当にたくさん読んだな〜でも、どれも文学だし、もともと日本語で本を読むの自体は好きな人だったからなんとか読んでこれたんだろうな。ただの教科書を読むのだったら絶対やってこれなかったけど、。

英語で読む力を鍛えてくれたのは間違いなくアジア学の授業、日本文学の授業。

もう一度全部読めって言われたら絶対無理だけど(笑)、思い切ってダブルメジャーにして、アジア学専攻になってよかったなって思います。