「ふぃ」を大切に。

Proving through my life that everything happens for a reason (:

ロボットは東大に受かるの?テクノロジーと教育のこれから。

最近こんな記事にたまたま巡り合って面白かったからシェア。たまたま、またTEDだったんだけど(笑)

 

www.ted.com

 

日本人の、英語のTEDってやっぱりまだまだ少ないしちょっと新鮮な感じ。この方のTEDtalkなら早いスピードの英語が苦手な人やネイティブの英語を聞き取るのが苦手な人でも見やすいと思う!

 

スピーチの内容は、ロボットがテストを受ければ東大に受かるのか?っていう内容。テクノロジーが発達して AI、ロボットの時代がやってきて人間の仕事を全部やるようになるっていう心配?はよくある話だけど、同じようにロボットがテストを受けて完璧に答えれるなら学生がテストを受ける意味もなくなるのかみたいな話題。

 

結論からいうと、ロボットが東大を合格するのは今のところ無理みたい。なぜならロボットの答えの見つけ方が特殊だから。でも東大以外の多くの大学は合格できるレベルだったんだって。詳しい理由は動画を見たらわかるから書くのはやめとくんだけど、このスピーチは今のAIがまだできないことを教えてくれると同時に人間ができること、そして教育の問題点を最後に課題として問いかけてる。

 

それがすごい考えさせられた。

 

おそらくこれから教育の業界ってどんどん変わっていく。いつか教育の分野に携わりたいって思ってるけど、自分が教育の仕事につくことになった時、教育ってどうなってるんだろう?

もっというと、英語教育ってどうなってるんだろう?今、多くの小学校で低学年から英語をはじめる動きが進んでいるけどそうしたら今ある英会話教室はどうなるんだろう。一部の高校受験やセンター入試で英検やTOEIC、TOEFLを取得していたら英語の試験が免除になったり、優遇されたりっていう処置がされ始めているけど、それも数年後にはどうなってるんだろう。

 

もしかしたら10年後には幼稚園で英語を教えることが強制になっているかも。もしかしたら今ある学童も全部バイリンガル学童に変わっているかも。英検はなくなってTOEFLとIELTSだけがテストに優遇される対象になっているかも。

 

あるいは、、、テクノロジーが発展して同時通訳機が安くでたくさん出回るようになって英語教育の必要がなくなるかもしれない。

 

これからテクノロジーはどういう風に教育に影響を与えていくのかとっても考えさせられた動画でした:)