読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「ふぃ」を大切に。

Proving through my life that everything happens for a reason (:

アメリカの大学で日本について勉強するっていうこと

アメリカの大学生活 Thoughts

Profileにも書いてある通り、大学では現在ビジネスとアジア学のふたつを専攻しています。私がアメリカでアジア学について勉強している理由についてはこちらをどうぞ:

 

newyork.hatchstudioinc.com

 

もう3年目で一般教養で取らないといけない授業は全部終わったので先学期から取っている授業は全部自分の専攻関連の授業です。

 

そんな中、アジア学専攻の四年生が全員必須で取らないといけない授業「Senior Seminar : colonialism, race and photography」を秋学期にとりました。

私の大学のアジア学はかなり柔軟性のあるプログラムになっていて、基本的にアジアの言語を一年間取るということと、指定されているアジアの基本の授業を3つ+四年生必須の授業1つ取る以外は自由にアジア関連の授業なら好きなように取れるようになっています。 

しかも、私の場合はじめから日本語ができるため言語は免除となり、その分余分に好きなアジア関連の授業を2つとればいいとなってるんです。

韓国に興味がある子は韓国関連の授業ばっかりとればいいし、日本について勉強したいなら日本について勉強すればいい。アジア学にあまりとりたい授業がなければ、他の学部(例えば文学部や歴史学部?)の授業でもアジアに関連しているのがシラバス等で証明できたら取ることができちゃいます。私も日本の歴史の授業をアジア学外から取ったりしました。

そんな自由さが魅力なんですが、四年生必須の授業だけは免れることができない最後の砦のようなもの。パスしないと卒業もできないんです。

で、これが結構苦痛だった〜

「Senior Seminar : colonialism, race and photography」というタイトルだったんだけど具体的にどういうことを勉強するかというと、写真を通して植民地時代の人種差別などについて分析する感じ。

フィリピンが植民地だった時にアメリカ人がとった写真をみて写真が何を伝えようとしているかを分析したりするんだけど、まず写真をみて特に何も感じないかれんは分析のしようがなくて苦戦w 学期はじめは真剣にこの授業が嫌すぎてダブルメジャーをあきらめようかと思ったことも。

でもせっかくダブルメジャーのために授業つめつめでとってきたのにこの授業のためだけに諦めるのはもったいないかと思ってドロップしないで我慢して勉強していてたところ、授業の内容がフィリピンの植民地時代から日本の二世の話に。

かれんの家系は純粋な日本国籍で日系アメリカ人でもなんでもないんだけど、やっぱり日本が関連しているから少し授業に興味がでてき・・・

勉強していくうちに思ったのが、自分日本人なのにほとんど日系人強制収容について知らないっていうこと。

気になって日本の中高にいった友達に何人かに聞いてみたら、高校の授業でちょっと勉強したっていう答えがほとんど。かれんにいたっては高校でやった記憶さえない!

自分で言うのもなんだけど、中高ではかなり真面目に授業聞いてたし勉強してたから全くやった記憶がないっていうことは本当にやらなかったんだと思う・・・。あるいはテスト範囲からはぶかれていたから注目しなかったのか。

いずれにしろ、日本でも大々的に授業で取り上げるべき内容なんじゃないかなとすごい疑問に思っていた時にちょうど同じタイミングでbuzzfeedのこの記事がfbでまわってきた↓

www.buzzfeed.com

それで更に気になって日本語でどれくらいの情報がネットにはあるのか、日本の授業では全国で教えられているのか調べてみたところこんな答えが:

 

歴史の授業では「日本人がしたこと」は教えても「日本人がされたこと」は教えない 

日系人の強制収容 - 歴史学 解決済 | 教えて!goo

日本の戦争教育はあくまでも「日本が侵した侵略」を重点的に学習します。

なんだかな〜なんとも言えないんだけどとにかく日本の授業はまだまだ偏ったことを教えてるんだなと少し残念な気持ちになりました。 

 

もし日系人の強制収容について興味がある人はこちらのサイトもどうぞ:

葛藤と苦悩の日系人・アメリカの歴史 | 日系アメリカ人の歴史 | 現地情報誌ライトハウス

また、私が授業で使った本はこちら:

www.amazon.com

英語だけどかなり読みやすいのでおすすめです!

結局、この授業で書いた8~10ページの論文はこの二世の人たちの写真について書きました。

アメリカの大学に来てなかったら、アジア学を専攻しなかったら、こんな授業とることもなかっただろうし強制収容について学ぶこともなかったかもと思うと、いやいやだったもののこの授業をとってよかったなぁと思いました。

この授業、成績はいまいちだったんだけど新しく知ることが多かった授業で、ちょうどアメリカの大統領選ともかぶっていて人種や差別について考えることも多く、アメリカ人の意見もたくさん聞けたので得ることは多かった授業だった!

 

ナイアガラ旅行記〜カナダからみた冬のナイアガラ〜

旅行記 アメリカの大学生活

少し前の話になりますがファイナル前の土日+Reading day(月曜日)を利用して友達とナイアガラの滝をみてきました:)

f:id:karenm:20161229063750j:plain

大学卒業までに行きたいってずっと思ってて、でもなかなか行けてなかった念願のナイアガラの滝!

ちょうど交換留学で来てた子で行きたいって子がいたのと、ストーニーにトランスファーで来た子が前までナイアガラの滝近くに住んでいて案内してくれるってことで実現したナイアガラの滝旅行♡

真冬に行くのにちょっと抵抗があったんだけど(めちゃくちゃ寒いの嫌いだから)、日程があうこともなかなかないし、みんなが日本帰る前ってことでまさかのファイナル前に行くことに。

 

ナイアガラの滝はアメリカとカナダの国境にある有名なでっかい滝で、アメリカから見るのとカナダから見るのとでは違うってことなんだけれど、今回はカナダ側からのみみてきました〜

f:id:karenm:20161229063945j:plain

ストーニーブルックからは、マンハッタン(NYC)まで電車で出て夜行バスというルートかJFKから飛行機で飛ぶという選択肢があり、はじめはお金を節約しようと夜行バスを考えていたものの、飛行機のチケット 代をみてみると思った以上に飛行機でも安いことがわかり結局往復飛行機で行くことに。

JFKからバッファロー空港までjetblueで飛び、バッファローからはバスで国境を渡りカナダへと行きました!バッファローから国境を渡るバスはGreyhoundで片道4ドルほど。とっても安いんだけれど、全員が国境のところで出国/入国手続きをするのがすごい時間かかった・・・

一度バスから全員荷物ごと降ろされ、手続きをして、荷物検査を受けるだけなのに、特にアメリカに入国するのがすごい時間かかりました。私たちだけなら学生というのもあってかかなりスムーズなんですが、バスに乗ってる人は本当にいろんな人がいて・・・。30分近く通してもらえない人とか普通にいて結局バスも遅延といった感じ。全員が通るまで置いていかないのがアメリカらしくなくてすごいな〜と思ったのが正直な感想wなので個人的に、バスでの国境渡りはあんまりおすすめしません。

ナイアガラの滝(カナダ側)周辺はちょっとした観光地になっていてイメージでいうと日本にあるユニバ前の通りみたいな感じ(通じる??笑)

ホテルやらレストランやらお土産やさんらがあり、お化け屋敷やらレーザータグができる施設やらゲームセンターやらいろいろごちゃごちゃとあります。

f:id:karenm:20161229064841j:plain

あとは大きな観覧車も:)私たちは夜に乗ってみました(確か一人12ドルくらいだった)。あいにく雪がすごい降っていた日だったので吹雪であんまり遠くの景色まで見えなかったんですが、日本にある観覧車とは全然違う(スピードとかがね)ので乗ってみる価値ありです!

それからカナダ側で楽しむといったらカジノ!クラブ!

f:id:karenm:20161229065108j:plain

カナダだと19歳からなのでアメリカでは行けない私もカジノ初体験できました:)

*年齢確認はレストランなどではほぼされませんでしたが、カジノやクラブなのでは必ずされたのでパスポートを持ち回る必要がありました。

f:id:karenm:20161229065333j:plain

個人的にカナダのビールはアメリカのビールよりおいしかった❤️あとピーチ味のビールも飲んだんですがビールっぽくなくて大好きな味でした:)

f:id:karenm:20161229065445j:plain

国境を渡ってアメリカ側に帰ってきたあとはせっかくなので有名なバッファローウィングを食べにAnchorへ。なぜかアンカーの発音が全然通じなくてびびったwから言うとき必ずバッファローウィングのアンカーとわざわざ言わないといけなかった、ナゾ。

2泊3日で行ったのですが、特にナイアガラをみてカジノにいってクラブにいく以外何もしていない無計画旅行でした〜が、とても楽しかったです:)

ナイアガラの滝だけでいくなら一泊二日で十分かなって感じですが、がんばればトロントやアウトレットモールにも行ける距離なので日数が長い人はそちらの方に行くのも手だと思います:)

自然のパワーをもらってファイナルを頑張ろう!とか行った割にファイナルは玉砕したのですがとってもいい学期末の思い出になりました♪

 

 

アメリカでズボラ自炊生活!なかなか充実した食生活送ってます。

アメリカの大学生活

先学期までキッチンのない寮にいたため、ミールプランが強制だったので自炊することは全くなかったのですが今学期から共用キッチンのあるアパートに移ったのでついに自炊生活スタート!(ルームメイト/スイートメイトと6人でキッチンをシェアして使ってます)

 

f:id:karenm:20161220052024j:plain

勉強で忙しい中、ご飯を呑気に使ってる時間なんてあるのかな〜と思ってましたが自炊生活始まってはや3ヶ月目。あんまり豊富とは言えない調味料/材料の中なかなか充実した自炊生活を送っています。

それもこれもクックパッドの存在が大きい!◯◯がなくても作れるレシピがたくさんあったり、材料を二つくらい羅列したらそれだけで作れるレシピがあったり・・・・。とっても偉大!とってもレイジーな私でもこれだけ充実した食生活が送れることにびっくり!改めてキッチンがあるところに引っ越してよかった〜

 でもやっぱり一人だと、あんまりいろんな野菜や調味料を買えない:(

野菜類はとくに腐るのもはやいから厳しい!じゃがいもとかも、袋買いするとかなり余るの。でしばらく放置してたらだんだん芽が増えてきて調理しにくくなるのが嫌いで・・・そのままじゃ冷凍保存できないからまとめていつも何か作る傾向に。気づいたらじゃがいもだらけの日も。

f:id:karenm:20161220055745p:plain

この日は金曜日で授業がなかったから朝からのんきに冷蔵庫/冷凍庫の整理も兼ねてお料理。じゃがいもと卵でスパニッシュオムレツ・シンプルにクリームチーズをじゃがいもに挟んでやいたもの・セロリと玉ねぎの炒め物(めんつゆ使用)。

本当にめんどくさい時はシリコンスチーマーでできる簡単料理とかをよくする:

cookpad.com

あとじゃがいも消費に作ってみたこれが思ったより簡単でぱくぱくおやつに食べれておいしかった!

f:id:karenm:20161220055629p:plain

参考にしたレシピはこちら:

cookpad.com

 

 

あとは個人的に大好きなオムライス(炊飯器がないからお米も鍋で炊いた!)や

f:id:karenm:20161220052106j:plain

急に食べたくなったナポリタン(ピーマンがなかったのでセロリいれちゃった)

 

f:id:karenm:20161220060014p:plain

など気が向いたら食べたいものをその時ある食材でうまく作るのが楽しいな〜と。

日本から持ってきたインスタントラーメンに合わせて地味に初めてのゆで卵を作ってみたり

f:id:karenm:20161220055248j:plain

ワッフルが食べたくなって冷凍のを買ってきたり

f:id:karenm:20161220055329j:plain

自分で好きなものを好きな時に食べれるって幸せ〜

 

これで社会人になって一人暮らしにしても生きていけるだけの料理力がある・自分のご飯のためなら結構何でも作ろうとすることがわかった!

食の充実はとっても大事。おいしいもの食べないとやっていけない!こないだ久しぶりに大学のダイニングのご飯食べたら「うーんいまいち。」ってなったw先学期まで毎日食べてたのに〜それくらい日本に近い食生活をキッチンがあったらアメリカでも送れますよっていう報告でした。

 

海外進学組の就活〜就職活動で感じたことまとめ〜

Thoughts アメリカの大学生活

少し前、ボスキャリに就職活動しにいってきました。去年も行ったのでボスキャリに行くのは2回目。

去年は1年早く卒業するかもしれないし下見に行っとこうと思って行きました。
なので面接事前予約していたのは一社だけ、ウォークインでインターンの面接を一社したくらいであとは企業説明を聞いたりボストン観光したり。
けど今年は卒業が5月に迫ってきたこともありちょっと心引き締まった感じ。詳細は別の記事にまたいつか書こうかなと思ってるけど、とりあえず今日ここでは就職活動をして感じたことをいくつか書いておきたいなぁと。
今疑問に思ってること、感じたことももしかしたら日本に帰って就職したら疑問にも思わなくなるのかなって思ったので。

 

その①就職活動はうまく嘘をついたもんがちってこと

日本にいると当たり前に感じることかもしれないけどこれをひしひしと感じたボスキャリ。
志望理由なんか大抵の人はあとからくっつけた嘘に違いないのにその嘘をいかにうまく、説得力あるように話すかが合否をわけるんだなぁって。
いかに御社じゃないと嫌か、どれだけ御社が好きかをみんなが盛大にアピールしてる中、どうしてもここじゃないと嫌って会社がなかった私はかなりの温度差があったと思う。

エントリーシートや面接でよく聞かれる、御社はあなたの中で志望度はどれくらいですか?っていう質問にも決して第一志望ですって答えなかったのが私(笑)

そこだけは曲げたくないと途中から意地になっていた気もするけど、私はありのままの自分を取りたいと思ってくれた会社に入りたいなって思った(すごい綺麗ごとに聞こえるけど)

この辺でもやっぱり私は日本の一般的な常識から少しずれてるのかなとか日本のルールが自分には合ってないのかなとか日本の大学に行ってたらこれが当たり前で自分もうまく嘘を言えてたのかなとか感じたり。

卒業後日本に帰ろうかと思ってるけど、日本のルールに耐えられるか既に心配。

 

その②これって関係あるの?みたいな質問を聞かれるってこと

面接で今回聞かれて1番印象に残ってる質問は「あなた、友達います?」

これ聞かれた時一瞬、「は?」ってなった(笑)いきなり関係ない質問ぶっこんでくるなって。この質問の意図がよく分からなくてそのあと「え?」ってきいたら「あんまり交友関係があるような感じが感じられないので、」って言われて(笑)
さらには「ぱっと思いつく仲のいい友達は何人いますか?」とまできかれてそんなに私は友達いないように見えた?って感じになりました。
よくよく考えてみると若干これは失礼な質問じゃない…?まず、家族もいない異国の地で頑張ろうと思ったら友達いないとやっていけないと思うんだけど…

とまあこんな感じでよくわからない質問をいくつかされたのもボスキャリですごい印象に残ったこと。
これもまた日本なら当たり前なのかしら?って思いながら…

 

その③人事によって当たり外れがある

これも当たり前なのだろうけど、第一次や第二次面接だと面接官が複数人いるので誰に当たるかが結構重要だなって。
そして面接によってどんなにその会社で働きたいなぁと思ってても面接官のイメージが悪いとすごいやる気がうせる。

私は受けた面接の4割くらいは面接官の対応が感じ悪すぎて、もう面接はじまってすぐにこの会社はこちらからごめんなさいだわ〜って思いました。
あちらが私たちを選ぶ権利があるのはもちろんだけど私たちも企業を選ぶ権利が同じだけある訳で、。上から目線でこっちのこと御構い無しにまくしたてて、聞きたいことだけ聞いて、はい帰ってくださいみたいな面接とか、初めから面接する気ゼロの面接とか。いくら学生だからってそんな対応許されるのかなってちょっと嫌な気分になりました。そんな消化面接をするくらいならはじめから面接予約のお知らせなんか送らず、書類選考で落としてくれたらお互い嫌な思いしなくていいのにって。

 

f:id:karenm:20161129075316j:plain

もちろん、就活で得たこともありました。グループ面接で一緒になった人と仲良くなれたり、仲良くなるまではいかなくても面白いバックグラウンドを持った同世代の話が聞けて刺激的だったり。

準備で寝不足が続いて、面接の合間に廊下でいつのまにか寝てしまってたり、最終日から風邪ひいてしまったり、ばたばたと終わったボスキャリ。

就職活動って大変だけど学ぶことが多くて楽しいよと先輩たちが言ってた意味が少しわかりました。

かれん?カレン?佳恋?なんだか微妙な違和感。

Thoughts

「佳恋」が漢字で書いた私の名前なんだけど、よく書かれるのがカタカナのカレン。

実は個人的にカタカナのかれんが嫌いで(笑)別にわざわざそんなこと言わないんだけど毎回メールやLINEで誰かがカレンって書くたびに、ん?って思うっていうってだけなんだけど。

 

アメリカでかれん!ってスタバで言ってKarenじゃなくてCarenって書かれるのと同じことなんだけど、なぜかカタカナにとっても抵抗がある。

なんでだろう。?

見た目かな?カタカナってカクカクしてて尖った漢字がしてるからかなと思ったり。

はたまた、昔小学校で同じクラスにハーフの女の子の名前もカレンで、その子がどっちかというとカタカナのカレンだったから自分はひらがなって思い込んでたのか。

それとも単純に自分は日本人だからひらがななんだって思ってるからなのか。

 

周りからしたら日本人離れした顔してるってよく言われるから、もしかしたら周りからしたらひらがなよりカタカナのカレンの方が自然なのかな。

とかをよくカレンって書かれた時に考えてます。

 

私は自分のことを普段からかれんって呼ぶ人です。それくらい自分の名前が大好きです。もっと言うと、自分の漢字も大好きです:)

けど漢字はあんまり書かない(笑)それはこの世でこの漢字のかれんは佳恋だけでいたいと思うからw

普段から漢字書きまくってたら、「あ、この組み合わせいいな〜」って思った人に真似されそうだから(笑)それくらい、自分の漢字気に入ってます。今までかれんちゃんにたくさんあってきたけど、自分の漢字が一番だとか思ってる←

そんな素敵な名前をつけてくれた両親にはやっぱり感謝の気持ちでいっぱいです。

 

名前の話でいくと、はっちすたじおでこんな記事書きました↓

地味にたくさんの人に読んでもらってるみたいで・・・アメリカの名前事情がわかると思うのでお時間ある方ぜひ!

newyork.hatchstudioinc.com

 

ストーニーブルックは昨日から急激に寒くなり、散りそこなった紅葉がまだ残っています。ニューヨークの上の方では今日初雪が降ったとか。

f:id:karenm:20161028113109j:plain

冬があと少しでやってくる=秋学期も終盤。

マイペースに就活も諦めずがんばりたいなと思ってます:)

また時間ある時に就活についても書きたいな〜

ストーニーブルックってこんな所!

アメリカの大学生活

投稿してる内容が今の所ぼーって考えてたことばっかりで、もし海外進学に興味ある人がいたら申し訳ないので今日はちょっと在籍している大学について。

f:id:karenm:20161013052643j:plain

はっちすたじおNYで大学についてはたくさん書いているのでそちらをみてもらった方がここでつらつら書くよりいいかな〜と思ったのでリンクを張りつつ補足説明しながら紹介しています。

 

まずは大学の基本情報から。

newyork.hatchstudioinc.com

なかなか立地条件のいい割に授業料も比較的お手頃でアジア人が多いのがストーニーブルックの特徴かな。各学年3000人近くいて、大学院も大学病院もあるすごいでかい大学です。

比較的授業料が安い。以外の理由で私がストーニーを選んだのはイベントの多さがいいな〜と思ったから。

特にこれ。

newyork.hatchstudioinc.com

いちごのイベントw いちごが好きすぎてどうしてもこれに行きたかった(笑)

あとはこれ。

newyork.hatchstudioinc.com

ストーニーの伝統的な春の一大イベント。コンセプトがアメリカの大学らしくてとっても楽しそうに見えて実際楽しいイベント!

あとは入学してから知ったものだけど、こんなイベントも。

newyork.hatchstudioinc.com

これまたアメリカらしくて大好き!笑めっちゃ健康に悪いけど。。。

 

こんなイベントがたくさんのストーニーブルックだけど実は結構レベルが高い(笑)

こないだ発表された世界ランキング2016では201~250位にランクインしていて日本でいうと大阪大学より上位にランクインするぐらい。

 だから勉強はみんな結構する。そんな大学なのでサポート制度もたくさん。

newyork.hatchstudioinc.com

メンタル面のサポートももちろんたくさん。

newyork.hatchstudioinc.com

 全て無料っていうのがよくこういうサービスを使う私には嬉しい所。

ちなみにストーニーのテスト事情はちょっと特殊な気がします。なぜなら授業3週目らへんから常にテストとペーパーに追われ、そのままファイナルテストとなり学期終了っていう鬼畜なスケジュール。

newyork.hatchstudioinc.com

授業6週目の今もテストだらけでみんな必死な感じ。私は就職活動も並行してしているのでやることがたっぷりでついつい夜更かししてしまい、授業中居眠りしてしまったり・・・。遊んで寝て勉強して就活して。忙しいけど楽しい毎日です:)

 

誰もが誰かに影響を与えているっていうこと。

Thoughts
2年前からよく感じていることがいつ、だれに、どんな影響を与えているか分からないってこと。
それ以来、他人の人生に責任を負えないから安易に人の人生を変えてしまうような発言をしてはいけないなってよく思うように。
特にサマーキャンプのリーダーやカウンセラーなどをする立場にいるときは気をつけるている。みんなに海外進学はしてほしいと思うし、オススメはするけど、みんなの将来を決めるのはかれんじゃなくて、かれんの役割はそういう選択肢があるっていうことを紹介することだと思うから。
 
自分の生き方をシェアするときもそう。人それぞれの生き方があるから。それでかれんの生き方を聞いてこういう生き方をしている人がいるんだって感じてもらえたらいいなって。
もちろん、すごく楽しそうに生きてるから自分もそういう生き方してみたいなって思ってもらえたら嬉しいけど(:
 

f:id:karenm:20161011060431j:plain

 
 2年前、アメリカ行きの飛行機で書いたblogより。 
--------------------------------------------------------------
 
Twitterでこないだ友達が書いてたことにめっちゃ共感した。
 
 最近、立場上聞くより話す機会が多いせいか自分の言ったことが他人の人生を変えたり、変えるきっかけになることが多くて怖い。だけど、それってありがたいし、むしろ誇らしいことなんだよね。それに自分の体験談とか話しで人の人生を変えられるって素敵なことだなとも思う。
 
他人の人生を自分の一言が変えたりするって、すごいことで嬉しいはんめん、怖いなぁってほんまに思う。というのも誰かにいい影響を与えたいなあってかれんも思ってるから。
 
他人の影響を受けるのがどちらかというと嫌で、自分が正しいって思ったことを貫くタイプでこの人すごい!とか尊敬する!って思えるひとにあんまり出会ったことなかった。けど去年の夏に世界の違う人たちにたくさん出会って、いい影響をたくさん受けてそれからその人達がかれんにしたように、かれんも誰かにいい影響を与えたい!って思うようになった。
だからつながるプロジェクトにも参加したし、サマキャンスタッフもしたし、卒業生として礼拝の奨励をしたいって先生に言った。
1番自分の与える影響がその人の人生を変えるかもしれないって思ったのが礼拝の奨励やった。
思ったよりみんなが話聞いてくれて、それを実際に覚えてくれてる子とかがいて、これがどんな影響をその子の人生に及ぼすんかなってふと思った。
 
結局どうすればいいとかは分からないけど、ひとつ思ったのが
やっぱり誰かにいい影響を与えれるきっかけがあるなら
チャレンジし続けたい✨
だから一時帰国した時にでもできるならまた礼拝の奨励もしたいってお願いしたいと思うし、
このブログで何か発信したり共有したり共感してもらえるならこのブログも続けたいって思うし、
つながるプロジェクトとかにも協力し続けたいって思う😊
 
もしそのやってることが誰かの人生をかえれたらそれはすごいことやし、自己満足かもしれんけど、与えた影響がその子にとってあんまりよくない結果となったとしてもそれはそれでその子にとって意味のある回り道やったと思いたい!
さきが言ってたみたいに、
自分が発信したことを受け取るか受け取らないかはその人の自由!
いいなぁって思ったところだけを受け取ってもらいたいなぁ!