「ふぃ」を大切に。

Proving through my life that everything happens for a reason (:

私が見た日本の働き方のメリットと、感じた違和感

入社を機に、ライター関連の活動はお休みして書くのは気まぐれに更新するこのブログのみとなっていましたが、入社して1年以上がたったこのタイミングでまた少しずつライター関連の活動を復活させることにしました。

これまでは自分の海外大学卒業経験から、海外情報や留学情報を中心としたメディアで記事を書かせてもらっていましたが、日本で働きだした今の自分だからこそ発信・共有できることはなんだろうと考え始め・・・

今回ツイッターの#bosyuでライターを募集されている一般社団法人ワーシャルさんの働き方webマガジンを発見。ご縁があり、記事を寄稿させていただきました。

 

寄稿内容として依頼をいただいたのはアメリカと日本の働き方の違い。

何を書こうかと考えた上、自分が違和感を感じたことなど自分の経験をもとに3つに分けて連載という形で書かせていただくことに。

wa-cial.com

 

まずは就職活動を経験した際に感じた違和感。同時に日本の就職活動のメリットを知ってアメリカではなく日本で新卒として働きたいなと思ったことについて書きました。

そして日本の会社が人材を一から育てる文化に恩恵を受けている今、感じた日本企業が持つ独特の文化に対する意見を第二弾で。

wa-cial.com

 

最後の第三弾では少し視点を変えて、女性の働き方という観点から記事を書かせていただきました(近日公開予定)。

 

アメリカで就職した経験がある訳でも、日本で複数の企業での経験がある訳でもないので、「あくまでもアメリカで3年過ごして伝統的な大手日系企業に新卒入社した」帰国子女の自分が感じたこと、ですが誰かの新しい気づきや誰かの就職活動における企業選びのヒント等になればいいな~という気持ちで書きました。

お時間ある方はぜひ読んでいただき、感想等あればDM・コメントいただければ嬉しいです(:

 

今の自分だから書けることってなんだろうと引き続き模索しながら、大好きなインタビュー関連の記事も今後書いていけたらなと思っています。

 

 

 

 

池袋で果実酒を楽しむなら。

 

池袋には会社の人ともよく行くかなり雰囲気のいいこじんまりとしたお気に入りのお店「ゆたかや」があります。食べログではコメントも少なく、いいお店なのがあまり伝わらないけど、カウンターとテーブル10人席分しかなくて、高すぎず、美味しいお料理がいただけるかれんも大好きなお店。

こないだそこに行こうとしたら、金曜の夜で予約していなかったため満席で入れず。。。がっかりして付近をうろちょろして入ったお店がまたまた最高だったのでシェア。

 

お店の名前は「しょうちゅうざんまい」。

 

f:id:karenm:20190803184205j:plain

ゆたかやと同じ道沿いにあり、外から見ると、ただの古い家。笑

そして中の様子が見えないのでどんな感じのお店かも分からない感じになってます。

 

入ってみると一階は立ち飲みスペースでした。

そしてかなり急で狭い階段を登った二階にはお座敷。テレビがあって、大量の焼酎の一升瓶が壁側に並んでおり、扇風機がまわってて、畳の上にはちゃぶ台が5つほど。

 

2階席は飲み放題プランのみ利用可能(1階の立ち飲みスペースであればワンドリンクオーダーが可能みたい)です。 

はじめの1時間飲み放題で1500円、その後10分ごとに追加料金100円がかかります。計算してみる分かる通り、追加料金はかなりお得。ガラスコップが一人一つ渡されて、2階席にある一升瓶から自由にそそいで飲むというセルフサービス方式。炭酸水やお水、氷はもらえます。ソフトドリンクは持ち込み可能なので、割りたい飲み物があれば持ち込むのがいいかも。

*いろんな口コミサイトを見てみた所値段設定は頻繁に変わっているっぽい。あと一杯目だけ生ビールが頼めます。それから飲みすぎでお店に迷惑をかけた場合罰金1万円みたい。

 

「しょうちゅうざんまい」という名前なので芋焼酎や麦焼酎くらいかなと思ってたら、2回部屋の一角に果実酒コーナーも!♡これにはテンションがあがっちゃった。

ざっと数えて20種類くらいはあったかな?いろんなタイプの梅酒以外にもぶどう酒とかもも酒とか・・・・個人的にはライチ酒がめちゃくちゃ気に入って3杯くらいのみました。完全にセルフなので、気になったものを少しだけ飲んでみて味の確認ができる&いろんなお酒を少しずつ試せるのはとてもうれしい!飲んだもののラベルを写真にとりながら飲むのがおすすめかも(だんだん何飲んだか忘れちゃうし、好みのものと出会えたら次回に活かせるし)。

f:id:karenm:20190803184330j:plain

このライチ酒が美味だった〜!

このお店、食べ物はほんとにちょっとしたおつまみしかメニューにはなく、その代り自由に持ち込みが可能。なので食べ物は頼まず自分たちで好きなものを駅近くのお店などで買ってくるのがおすすめ。かれんが行ったときは、途中参加予定の人に西武デパートでお惣菜を買ってきてもらいました。

とりわけのお皿も頼んだらもらえたし、ごみなども置いといたら片付けてくれるのでとてもありがたい。あと途中合流の人はその人だけその時間から換算をしてくれたのもとても良心的だな~と思いました。

 

2階席利用してた人はだいたい1時間~2時間くらいで帰られてたのだけど、かれん達は結局4時間近く?いました(笑)座敷なので足がちょっとつかれるけどそれ以外は居心地よく、のーんびりお酒を楽しめるのでおすすめです。

もしお酒好きの方いたらぜひ行ってみてください~。

 

 

 

【7月読書記録】今月出逢った13冊

 今月は小説よりも自己啓発本系が多かったな〜自己啓発本は文庫本じゃないパターンが多いから持ち歩きがやっぱり大変。てことで家でも何冊か読んだからか先月に比べたらたくさん読んだ気がする:)

 

①女のしくじり

ゴマブッ子さんの本は役に立つかといえば立たないんだけど、なんかちょこっとしたエピソードが面白くて読んじゃう。笑

自虐的だったりするあたりも笑っちゃうし、キャラがおもしろい。

 

②リュッケ-人生を豊かにする6つの宝物-

デンマークに留学してた友達から「リュッケ」っていう概念がデンマークにあるって聞いてめちゃくちゃ気になってて借りてみた本。

はじめて知ることがあった。トールピーポー症候群とか。北欧では謙遜が美徳だったりとか(日本人と一緒やん)。コペンハーゲンの10人に9人は自転車を持っているとか。景色の良い道を教えてくれる散歩アプリがあるとか。be my eyesという視覚障害者のための支援アプリがあること(視覚障害者が目の見える支援者とマッチングでき、通話で物の識別を助けてもらえる)とか。

個人的にはfreedomアプリでネット制限したいと思ったのとradio lab やthis american lifeのpodcastもう少し活用しようと思った、、、毎日SNSに時間費やしすぎやもん。

 

③フランス人は10着しか服を持たない

こういう本読むと断捨離しよう、とは思うよね。笑 

ただ、この本はフランスに留学したアメリカ人が書いたっていうのがみそな気がする。だって日本人がフランスに留学したらこういう気づきがあったのかなって。FYIやけど著者の旦那さんは日本人らしい。

>>>【リアル調査】フランス人は10着しか服を持たないってホント!?実際の暮らしぶりとは | CHINTAI情報局

 

④ニューヨーク流 本物の美の磨き方

ニューヨークって聞くとやっぱり借りちゃうよね。

ありきたりのことしか書かれてないっちゃ書かれてないんだけど、自分へのreminder的にはいい本。ニューヨークらしいちょっとしたエピソードはニューヨークをとても懐かしく感じさせてくれる本。

 

 ⑤半径5メートルの野望

 読んだことあるかなと思ったけどなかった本。共感したのは「退屈は安定の証拠」っていう話。刺激が欲しい時期と安定が欲しい時期って交互にやってきて、退屈と感じるのは変化が必要って自分が感じているってことっていうのはほんまにそうやと思う。

 

⑥SNSで夢を叶える

一時期ゆうこすをTwitterで知ってフォローしてたことがあったので読んでみた。カレン自身SNSのヘビーユーザーだしね。SNSで夢を叶えたいかは別として、SNSでいろんな情報をキャッチして、そこから友達が増えたり、学べたり、新しい世界に踏み込めたりっていう意味ではSNSは本当に偉大で必要不可欠。

 

⑦逃げたい娘、諦めない母

読んでみるとなんでそもそもこの本が読みたかったのかが少し謎だった(笑)本の内容としてはお母さんとの関係に困っている3人の女の人の話で、大人になっても母関係を良好にキープする方法などが書かれていて、自分には関係ないなと思ってしまった。

でもこういう親との関係で悩んでいる人とかが実は結構周りにいるのかもなっていうのも実感。家族が仲良いって当たり前じゃないよね。

 

⑧やめてみた。

コミックエッセイなので20分もあれば読めちゃう。テレビと炊飯器と掃除機はなくてもいいっていうのは一緒だな〜

がっつりメイクを辞める話を読んでて思ったのは、がっつりメイクしている人が食事の後口をぐいたら口紅だけじゃなくてファンデの色も紙ナプキンにつくんだね、、、知らなかった!

あと、白砂糖も今は黒糖を使ってるけど、確かにはちみつとかみりんとか代理できるよね〜

 

⑨神さまを待っている

一人で生きるって難しくて、頼れる家族や友達がいなくて孤独だとこの本の主人公みたいに追い詰められてしまうだろうなって。でも、ありがたいことにいつでも助けてって言える家族がいるし、泊めてって頼める友達がいるからすごい恵まれている。

自分がいかに恵まれてるかってことと、人は一人じゃ生きられないってことをすごい実感できる小説。いい本だった。

  

⑩泣き虫チエ子さん

益田ミリさんの本の中では一番特に感想なかったかも!笑。いい夫婦だな〜で終わっちゃった感。年齢的なものかしら?境遇が違いすぎるから??いつもなら共感がもっとあるから少し残念だったかな〜 

 

⑪ウチのセンセーは今日も失踪中

漫画家さんの話ってあんまり読んだことなかった気がする。から新鮮だった。どれくらい漫画家さんの現実に忠実に書かれていたのか分からないけれど。 

 

⑫もしすべてのことに意味があるなら

ツイッターで知って、読みたかった本。がんに24歳でなる辛さがめちゃくちゃわかる。彼女の行動力はほんとにすごい。同時にすごすぎて身近感は感じられない人もいるかも。私も彼女みたいに!ってなる人はどれくらいいるのだろうか。

各章のタイトル読むだけでもメッセージ性あるよ。

 

映画館に行かない派の映画記録⑦

 7月は香港旅行の時飛行機で映画観れる!と思ってたけど、帰りは深夜便で朝日本着でそのまま仕事というスケジュールだったから映画は観ないでひたすら寝ることになったのがとても残念だった〜行きは2本みれたけど。

とりあえず⑤おすすめ。

 

 ①Crazy, studpid love

youtu.be

 これの邦題がラブアゲインなのが腑に落ちないけど。そして最後まで一つ話が繋がってるの気付かんくてびっくりした!なんか下手などころとかもあるけど普通にいい映画。

 

②Aladdin

youtu.be

ボヘミアンぶりの映画館!もちろん字幕。少しお話が違ったけど、これはこれで全然よかった。そしてジャスミン役のNaomi Scottが可愛すぎた、、、タイプすぎる。。。家帰ってジャスミン風メイクとか調べた(笑)本気でタイプ。

 

③マスカレード・ホテル

youtu.be

あまりヒヤヒヤしすぎることなく見れた。東野圭吾さんの本はなぜか好きじゃなくて読めないけど流星の絆は大好きで、この映画も結構好きだった。思ったよりひねりはない気がしたけど?こんなものかな。

キムタクが役にしっくりきててよかった〜

 

④Aloha

youtu.be

見終わってから気づいたけど、エマストーンとブラッドリークーパーが出てた。気づくの遅すぎた。笑

昔の彼女とより戻すのかと思ったら違うかったけどまあ全てハッピーエンドな映画だったのでよかったかな。

 

⑤baby driver

youtu.be

 久々に終始ドキドキな映画やった、、、!タイトルどういう意味って感じやったけど主人公がbabyっていうあだ名なだけやった。笑

babyイケメンやし、ドキドキ感満載な映画好きやったらおすすめ。なんとなく展開は想像つかなくもないねんけどそれでも最後の最後までまじでドキドキやったしハッピーエンドで終わりますようにって思いながら見てた。

 

 

香港旅行記①香港ディズニーランド編

週末に有給をくっつけて、香港旅行に行ってきました〜香港は2回目だけど今回の目的は香港ディズニー!

香港ディズニーは電車でもアクセスしやすいところにあるのだけど、今回は前日入りしてディズニー公式ホテルの「香港ディズニーランドホテル」に泊まることに。もともと香港ディズニーの公式ホテルは3つしかなくて、今回泊まったところはあの有名なディズニー飲茶のレストランが入っているところ。

 

ディズニー飲茶は高かったので今回行かなかったのだけど、代わりにこのホテルの、キングダム・ラウンジ・フロアというのに宿泊しました!

ホテルのワンフロアがキングダム・ラウンジの人だけのフロアになっており、ラウンジには常にお菓子とドリンクが飲み食べ放題(朝は朝食、夜は軽食)、夜はディズニーキャラクターのパジャマグリーティングができるというプランが付いている宿泊部屋。

パジャマグリーティングはかれん達が宿泊した日はダッフィーでした◎一応連泊する人たちに配慮して2日連続で同じキャラが来ることはないみたい。このフロアは日本人宿泊者が圧倒的に多かったです。このホテルは他にも全宿泊者が参加できるグッフィーの朝のイベントとかがあるので高いのも納得かな?というホテルでした〜

 

 

さて、本題のディズニーランド

事前の噂通り、かなりコンパクトなディズニーでした!

めちゃくちゃ空いていると聞いていたけど、平日にも関わらずなかなか混んでるというのが正直な感想。といっても、ホテルからもらったファーストパスがあったので一番並んだ乗り物でも20分くらいかな。日本に比べるとやっぱり空いているので空いてる空いてると思って行くと空いてないけど、日本のディズニーを想定していくと空いてるってことだと思います。

 

個人的にはビッグサンダーマウンテンに似た、ビッググリズリーマウンテンというライドがとっても気にいって3回乗りました。日本のビッグサンダーマウンテンよりもライドの時間が長くて、スピードも半端なくて、面白いのでこれなら30分待ちも納得(ファーストパスを全てこれに使ったので並ばなかったけど笑)。

 

そして香港ディズニーといえばなかなかえげつない色をしたスイーツたち。ドーナツも有名ですが、当日は暑かったので、アイスを食べてみました↓

f:id:karenm:20190729214051j:plain

スティッチのアイスはブルーベリー味◎

見た目は確かにすごい色だけど、味はおいしいよ。

ちなみに香港ディズニーは食べ歩きできるものはポップコーン(キャラメルだけ)とアイスくらいしかなくて日本みたいにチュロスとか餃子ドッグとかがないのが残念なポイントかな。そしてパーク内のレストランはかなりいいお値段なのでお金が飛ぶ。

(でも飲み物以外は原則持ち込み禁止で荷物検査の時に没収される・・・)

 

今回めちゃくちゃ残念だったのはジャスミン(一番好きなディズニーキャラクター)とのグリーティングができなかったこと!

香港ディズニーはグリーティングがたくさんできる/空いてるってよく書かれてるけど、実際のところどのキャラクターのグリーティングが実施されるかは当日にならないと分からなくて(しかもアプリはなかなか更新してくれない)、お目当のキャラクターが毎日グリーティングをやっていると限らない。。。定番キャラクターはもちろん毎日いるけど、ジャスミンは毎日ではなかった、、、無念すぎる。

そしてキャラクターによってはかなり並ぶよ!香港ディズニーはキャラクターみんなサービスよくて一人あたりの時間がかなりかかるので、あまり並んでないように見えてもなかなか列が進まなくて結構並ぶことになっちゃう。

 

ということで香港ディズニーに行かれる方は、ビッググリズリーマウンテンは絶対乗って!そしてグリーティングは並んででも会いたいキャラに絞って(当日朝一にしっかり確認もする)、夏に行かれる方はめちゃくちゃ暑さ対策とスコール対策をして、ディズニーらしい何かを食べたい人はアイスがおすすめです。

f:id:karenm:20190729214122j:plain

入り口のところはちょっとしょぼいかな?

ちょっと(かなり)雑だけど、永遠に書かないよりはいいだろうということで香港旅行記ディズニー編でした〜

ディズニー以外にも市内にも1泊して観光したので次回はそちらをまとめます(多分)!

投票に行かない理由はないと思う

今週末は参議院選挙投票日ですね、。

今週末はたまたま旅行だったため、先週の週末に期日前投票を済ませてきました。期日前投票の詳細を見てびっくり。7/5~20まで、約2週間前から朝の8:30から夜の8時まで投票できるみたい。

(前回の市町村選挙?は期日前投票の期間も短いし、空いている時間も短いしで仕事してる人は一体どうやって投票しにいくんだろうとか思った記憶があったんだけど)

f:id:karenm:20190718203537j:plain

 

個人的に、選挙についてはなにかもよく分かってないし、ニュースもあまり見ない人なので今の政治がどうとか全然わかってないのだけどそれでも選挙権を持ってからは毎回きちんと投票してます。

だって投票に行かない理由はないと思うから。

 

投票に行かない人に日本の政治について文句言う権利はない。

どんなに政治に興味がなくても、日本社会の現状に全く不満がない人はいないと個人的に思ってます。例えば「消費税10%は高い」って人もいるだろうし、「保育園が足りなくて子供を預けられない」って人もいるだろうし、「今税金たくさん納めてるのに将来年金ほとんどもらえないとかありえない」とか「65歳まで働きたくない」って人とかもいるかと。

たとえアメリカと日本、韓国と日本の関係には興味がなかったとしても、日本に住んでいる以上ある程度自分に直結した問題って何らしかあるはず。今回の選挙の論点でいくと消費税とか教育の無償化とか年金についてがおそらくかなり身近で自分に影響してくる話題なのかな〜と。

だったら、その問題に関してだけ着目して投票する人/党を選んでもいいと思う。

とりあえず、投票しないことには何も変わらないし、投票しない人には文句をいう権利はない(自分が議員に立候補するなら別だけど)というのが個人的な意見です。

 

分からないなら興味あるところだけ見ればいい。

政治って難しいし、どこに入れたらいいか分からないし、どこに入れても一緒だと思うし、、、っていうのはよく聞くし、実際かれんも正直分かってない。

いつも選挙前はポストに届いた立候補者一覧を眺めてそれぞれの項目を読むだけだから正直ちゃんと自分が求めている人に投票しているか自信はない。でもそれでも投票しないよりはいいだろうと思って投票しに行ってる。

 

最近はありがたいことに誰に投票するのが一番自分の意見を反映しているか教えてくれるサイトがたくさんある。今回はかれんはこのサイトを使いました↓

vote.mainichi.jp

このサイトだと、質問に答えるだけで自分の求めてるものに近い党を教えてくれるし、興味のないあるいは分からない問いはスキップできます。

かれんの場合、難しいことは分からないから重視したのは 消費税についてと同性婚についてと政治分野における男女共同参画推進について。この3つの点で特に自分の思いと近い党に投票してきました。

政治について全然分からなくても、自分の興味のある/関係のあるトピックについて各党がどうまとめているかを確認してそれに基づいて投票するのでも十分だと思います。

 

 選挙の話って話題にならない

 とある友達がfacebookに、なぜ誰に投票したかとを日本人は話したりしないんだろうってポストしていて「ほんまそれな〜」って思いました。誰に投票したかは家族にも言わない・聞かないっていう謎の文化はほんと不思議だなって思います。友達間でさえ投票に行くっていう話題は全然でなくて、みんなが投票に行ったのかも知らないことがほとんど。でも話題にしないと選挙って行くのが当たり前っていう雰囲気にならないんじゃないかな。

別に誰に投票したかは言う必要はないと思うけど、もっと日常的に政治や選挙のことが話題になれば、投票にいきやすくなるしどこに投票すればいいかもわかりやすくなるのでは。

 

とにもかくにも、21日までに選挙にはぜひ行って欲しい!若者の投票率がどんどん上がっていきますように。

MOOC履修から人はやっぱり怠惰すると学んだ

2019年の自己啓発目標を発表する必要があったので、無料で海外大学のオンラインコースが履修できるMOOC(ムーク)に登録してコースを修了すると発表したのが1月のこと。

karenm.hatenablog.com

  

*MOOCとはMassive Open Online Coursesのことで、いろんな大学の授業がオンラインで無料で受講できるクラスのことです。

 

気づいたら上期が終わり、期中の面談を上司とすることになって目標全然達成していないと判明しました。そしてやっぱり人って怠惰するんだな~なんて思う。

MOOCって無料な分、登録する人はめちゃくちゃ多いけどコースを最後まで履修する人はすごく少ないことが特徴らしいです。修了率が10%以下のコースとかも普通にあったりするらしい。

かれん自身もMOOCといえばCourseaかなと思い、2月にアカウントを作成。そのままとりあえずコース一つ登録してみました。

その時に選んだコースはADHD:Everyday strategies for elementary studentsというやつ。ADHDという友達が周りに何人かいるけどググって知った表面的な情報しか知らないからきちんと大学で教えられているような知識を少しでも身につけれたらなと思ったのが理由。でもリーディングで挫折しました。あと取り組まないといけないワークシートも進まなくて1日目で放置。。。

 

その後5月にFP検定を受けることになったのでMOOCは保留に。FP検定が終わった6月に再び今度こそ!と思ってまた違うコースをcourseaで履修登録するも3日で挫折。。。

今度こそを思って履修したコースはピッツバーグ大学の「Gender and Sexuality: Diversity and Inclusion in the Workplace | Coursera」という4週間のコース。

 

f:id:karenm:20190714202214p:plain

アメリカの大学にいた時、スケジュールに余裕があればとりたかったwomen studyとかgender studyとかをいい機会だからとってみたいと思ってCoursea上で探した結果これにしたんだけど、リーディングがやっぱり苦手なのでレクチャー(動画)は見るもリーディングの課題がたまりすぎて嫌になって続かなかった、、、

 

FP検定みたいに明確な試験日と合格/不合格が判定されるとなるとちゃんと勉強できるのに、なぜMOOCは最後まで履修できないの・・・・という課題を現在抱えています。

ここにも書かれているけどやっぱり無料っていうのが自分的には一番大きいのかな~。FP検定はお金を払ってる(会社の福利厚生で実質無料だけど)分、受からないといけないと思うし、一回落ちると次数か月後まで受けれない。

でもMOOCはいつスタートしてもいいし、ドロップアウトすることに対するペナルティもなし。それだとやっぱりいまいち危機感が生まれない。。。。

 

やっぱり人って危機感に迫られないとできないことってたくさんあるんだなって。

勉強のモチベーションを維持し続けるってかなり難しいよね〜って。

 

でもそんなこと言ってられないので年内中に必ずMOOCを1コースは修了したい!

今年は少し自分へのストイックさを取り戻そうと新年に思ってたみたいなので、次登録したコースできちんと修了したいと思います。

おすすめのコースあればおしえてください:)!