「ふぃ」を大切に。

Proving through my life that everything happens for a reason (:

投票に行ってきたら、サプライズがあった話

今週末は用事があるので、今日事前投票に行ってきました〜

f:id:karenm:20171018222028j:plain

 

政治家になりたいなんて思ったこともないし、政治には全く興味ないけど投票はちゃんと行く派です。自分の一票が何になるんだって思う反面、投票もしないのに文句をいうのはだめだとよくわかっているからとりあえず投票には絶対行くんです。

 

でも政治には無関心&無知すぎるので投票前には必ず便利なサイトたちにお世話になっています。

今回参考にさせてもらったのは、

・選挙前だけじゃなくて、新聞を読まないかれんにとって唯一ニュースの要点を抑えてくれるTwitterアカウント「POTETO」@poteto_media

・友達がfacebookでシェアしてたJapan Choiceというサイト

の二つ。

こういうのがないと本当にどこに投票したらわかんないので助かります。

だって投票前に急いで調べてても絶対間に合わないし、まずニュース滅多にみないから何が論点なのかも全然わかってないやばい人なので。

 

上記のようなメディアには本当に助けてもらってるんだけど、いつも思うのは、これだけじゃ投票したい党はなんとなく決まっても、自分の選挙区では誰に投票したらいいのかわからなくて迷うこと。

だっていくら党が決まっても、その党の推薦受けてる人が自分の選挙区に立候補してないかもしれないし、もしかしたら2人候補がいるかもいれないし。それにその党の推薦を受けてるっていってもその候補者によって焦点に置いてるものは違うかもしれないじゃん。

例えば消費税と年金問題と残業問題について自分が賛成できる党を見つけても、もしかしたら自分の区で立候補しているその党の人は自分が全く興味ないor賛成できない問題についてすごい力を入れようとしてたら「うーん。。。」じゃないかな。

 

あとね、思うのは、道端とか広場とかでみんなビラ配りとか街頭演説?とかしてるけど、ぜひ投票場の前でやってほしい(笑)で、ビジネスのピッチみたいな感じで1人3分とかで候補者が順番に3分アピールみたいなスピーチしてほしい。

そしたら同じような方針の人が2人いたらどっちに政治を任したいか決めれるのに。だってその限られた時間で話されたことに心揺さぶれたら絶対投票するし、一人3分だったら候補者が5人いたとしても15分聞くだけでいいし。

そんな簡単にはいかないもんなのかな?笑

 

そんなこと思いながら投票行ってきたんだけど、まさかの裁判官の投票?みたいなのもあって(笑)

「なんじゃそれーなんのサプライズー!!!聞いてねー」みたいな感じで紙受け取ってどうしようもなくて白紙で提出しました。できたらさ、ビラ配りしてる選挙活動している人たち、裁判官のやつもあるって言いながらビラ配ってほしいよね(どんなお願いw)

それとさ、投票するときに持っていく紙?にも大きく赤字とか太字で書いといてほしいよね(書いてても見たか定かではないけどさw)

それからそれから、投票場にさ、立候補者のポスターとか政党のポスターとか裁判官の情報とか全部貼っておいてほしいよね。。。

 

なんて自分がまだまだ勉強不足なだけですねごめんなさい。あるのも知らないって常識欠けすぎてたよね。

これから投票行く方、裁判官の投票もセットで渡されますよ〜!!!!

 

 

ロボットは東大に受かるの?テクノロジーと教育のこれから。

最近こんな記事にたまたま巡り合って面白かったからシェア。たまたま、またTEDだったんだけど(笑)

 

www.ted.com

 

日本人の、英語のTEDってやっぱりまだまだ少ないしちょっと新鮮な感じ。この方のTEDtalkなら早いスピードの英語が苦手な人やネイティブの英語を聞き取るのが苦手な人でも見やすいと思う!

 

スピーチの内容は、ロボットがテストを受ければ東大に受かるのか?っていう内容。テクノロジーが発達して AI、ロボットの時代がやってきて人間の仕事を全部やるようになるっていう心配?はよくある話だけど、同じようにロボットがテストを受けて完璧に答えれるなら学生がテストを受ける意味もなくなるのかみたいな話題。

 

結論からいうと、ロボットが東大を合格するのは今のところ無理みたい。なぜならロボットの答えの見つけ方が特殊だから。でも東大以外の多くの大学は合格できるレベルだったんだって。詳しい理由は動画を見たらわかるから書くのはやめとくんだけど、このスピーチは今のAIがまだできないことを教えてくれると同時に人間ができること、そして教育の問題点を最後に課題として問いかけてる。

 

それがすごい考えさせられた。

 

おそらくこれから教育の業界ってどんどん変わっていく。いつか教育の分野に携わりたいって思ってるけど、自分が教育の仕事につくことになった時、教育ってどうなってるんだろう?

もっというと、英語教育ってどうなってるんだろう?今、多くの小学校で低学年から英語をはじめる動きが進んでいるけどそうしたら今ある英会話教室はどうなるんだろう。一部の高校受験やセンター入試で英検やTOEIC、TOEFLを取得していたら英語の試験が免除になったり、優遇されたりっていう処置がされ始めているけど、それも数年後にはどうなってるんだろう。

 

もしかしたら10年後には幼稚園で英語を教えることが強制になっているかも。もしかしたら今ある学童も全部バイリンガル学童に変わっているかも。英検はなくなってTOEFLとIELTSだけがテストに優遇される対象になっているかも。

 

あるいは、、、テクノロジーが発展して同時通訳機が安くでたくさん出回るようになって英語教育の必要がなくなるかもしれない。

 

これからテクノロジーはどういう風に教育に影響を与えていくのかとっても考えさせられた動画でした:)

 

 

 

最近観た洋画5本!映画館に行かない派の映画記録。

基本毎日4〜8時間バイトをする生活がここんところ続いてて、平凡すぎて刺激が足りなくてうーってなってるんだけど、だからこそ少しでもインプットをと思って本を読んだりしてる中、TEDtalkばっかり見るのもあれだからと思って映画も見始めました。

 

昔とか近くのレンタルDVDやさんまで一本100円フェアしてる日とかレディースデーの日とかにわざわざ借りにいってたけど、今はラップトップさえあれば映画観れるからほんとに楽になったな〜ってやっぱり思う。

もはやテレビいらないwテレビでやってるドラマもバラエティも全部みたいなってふと思った時に検索してみちゃう・・・。

 

前少し書いたけど、音楽も映画も考えないで見るタイプのかれんだからすぐに何をみたかどんなにいい映画でも忘れがちなのでここに観た映画をこれからまとめて少しずつあげていこうかなと。

最近読んだなんかの本(もう忘れてるw)でも読んだんだよね。ただ本を読むのより、3行でもいいから読んで感じたこととかを書きとめといたほうがいいって。映画もきっとそうでしょってことで(笑)

 

①Everything Everything

youtu.be

 

Twitterでずっと前にTrailerがまわってきて気になってた映画。なんか終わり方結構びっくりね。

それ以上に彼女の家が理想の家すぎてうらやましかった〜笑将来あんな綺麗なお家に住みたいわ。。。

 これまだ日本公開されてないらしい・・・?やっぱりオンラインの方が洋画だと早いのあるからますます映画館行くこと減る:(

 

②Despicable me 3

youtu.be

 

見たくてしょうがなかった映画(笑)ミニオンやっぱり癒し。かわいい。ばかすぎてかわいい。

映画館で見たかったんだけど、 日本の映画館は吹き替えばっかりで・・・吹き替えでみたらミニオンの良さが半減どころか全減する!から諦めてオンラインでみた◎

あと、じゃっかんユニバに行きたくなった。。。

 

③Baywatch

youtu.be

これもちょっと気になってたやつ。ザックエフロンとCentral Intelligenceにでてたドウェインジョンソン出てるから絶対面白いだろと思ったらやっぱり面白かった(笑)

 

もともと昔ドラマでシーズン11までやってた人気作だったらしい。5月にアメリカで公開されたみたいだけど、日本ではまだ公開未定なんだって・・・。なぜ。

 

Me before You

youtu.be

 

なんか勝手に見たとずっと思ってたら見てないことに気づいて今更ながら見てみた。この映画、邦題が「世界一キライなあなたに」なんだよね。絶対変えたほうがいいよ。

なんか映画の良さが邦題になると消えてしまってる気がする・・・それだったらカタカナで「ミービフォーユー」でもよかったんじゃって思ってしまう、。

 

映画自体は納得いく終わり方ではなかったかな〜なんか字幕なしで見てたらちょこちょこ単語わからないのがあって(病気の説明とかがやっぱり英語だと難しい)じゃっかん映画の途中で迷子になりかけたけど最後までなんとか見れた。ほっ

 

⑤Girl's Trip

youtu.be

 こういう友達いいなって思える映画。大学の友達と何年もたってから旅行とかしたいな〜社会人になったらみんな違う場所でそれぞれのキャリアを積んでるんだろうけどたまにふときっと大学生活が恋しくなってその時にみんなで旅行いこう〜って久しぶりにメッセージのグループ動かしたいなって。

この映画も今年の7月に公開されたところみたい。日本にもう帰ってきた頃だから全然知らなかった、

 -------------------------------

次なに見ようかな〜おすすめあったら教えてください!♡できたら難しく考えることなく笑えたり感動したりできる系でお願いします!

 

最近読んだ本5冊〜Part 2〜

最近読んだ本書き留めるシリーズPart 2。Part 1はこちら

 

ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。  

 ちょっと昔に戻ったりって行ったり来たりする部分があって(それがすごい苦手なんだけど)それでも最後まで一気に読んじゃうくらい惹きつけられた本。

いろんなことがどんどん繋がっていく感じが難しくて単純に楽しんで読むっていう本ではなかったんだけどこれはこれでとってもよかったかな。

最後の終わり方がな〜ちょっとあっけなくて残念だった。

 

でもすごい切なくて結末が気になっちゃうタイプの本だからぜひ一度読んでみてほしい!

 

#GIRLBOSS

万引きとかばっかりしてたギャルがどうやって会社をはじめて、カリスマ女性になったかっていう本。ライターをやっているCELESYでgirlbossについての記事を読んで初めて知って。

www.celesy.com

本も気になってたんだけどやっと読めました:)バイト先で読んでたら、この本のやつをNetflixでみたっていう人もいて、ますますNEtflix契約しようか迷ってきた・・・

 

男も女もみんなフェミニストでなきゃ

大学で課題としてみたTEDtalkの人、チママンダ・ンゴズィ・アディーチェの本。名前難しすぎて全然覚えられない(笑)

最近フェミニストについてや女の人が社会で活躍することについてずっと考えてたから読みたかった本。なんか一瞬で読めちゃった、結構短い本。フェミニストの意味ってなんだろうって考えれる本。なんでジェンダーって居心地悪くするトピックなんだろうってなる本。

彼女の言うフェミニストって、「全員が全て(経済的・社会的・政治的)において平等であると信じる人」なんじゃなくて、「ジェンダーについてまだまだ問題があるから少しずつ改善していかないとねって思って行動している人」っていうのがいいなって思った

 

彼女、ナイジェリア出身の作家なんだけど次は彼女が書いた小説「アメリカーナ」を読んでみたくなったから早速図書館で予約した!

 

 

小さな野心を燃料にして、人生を最高傑作にする方法

読みたかったはあちゅうさんの本2冊目。さくっと読めた。はあちゅうさんの本はさくっと読めてすらっと入ってくるから好きだな〜

いろんな人生の選択の仕方があるんだなって思ったし、お二人(この本ははあちゅうさんと村上萌さんが二人それぞれ人生振り返って書いている本)みたいに、自分が納得いく道をいろいろ経験してみながら見つけていきたいなって思えた:)

あと社会的な条件ってどうしても見てしまいがちだけどそれを抜きにしても平気でいられる人になりたいって切実に思った・・・

 

気づいたらもう10月。9月あっという間に終わってたな。。。9月最後の週末は東京にいるお姉ちゃんに会いに東京家族旅行:)

f:id:karenm:20170926164157j:plain

気になってた原宿のでっかいカラフルなCotton Candyも食べれました☺︎そして東京旅行のついでにずっと参加してみたかったLean in Tokyoのイベントにも参加できました◎

すごい人っていとも簡単にこれまでについて語られるんだな〜って最近思う。っていう話をママにしたら、れんちゃんも多分一部の人から見たらすごい人で、そのすごいことを簡単にやってしまったようにしゃべってると思うよ?って言われた、。むずかしい〜

 

まだバイトも慣れないことが多くて楽しい〜!とまではいかないけど、これからだんだん楽しくなることを願って。

ころころ変わるヘアスタイル

2年くらい前までのかれんは髪の毛一生染めるもんか!一生黒髪貫く!とか思ってた人。高校卒業してみんな一斉にカラーとかしだしてもかれんはパーマかけるくらいでカラーはやろうとも思わなかったんだけど・・・

 

ちょうど2年前くらいから一度きりの人生なんだからカラーも経験してみないとって思うようになり、でもみんなみたいに茶色なんか面白くない。たいして黒と茶色って雰囲気変わらないからお金もったいないしせっかくやるなら違う色!と思いはじめ。

でもやっぱり黒髪維持したい・・・となり、切ったら黒髪に戻るtip dye(毛先だけ染めること)だけをすることに。

 

初めてやったのは赤のtip dye。この子は数週間で抜けました。あっけない(泣)でも数週間でも雰囲気変わったのはうれしかった〜

 

f:id:karenm:20170930181909j:plain

 

その次はカラーは一旦休憩し、ヘアスタイルを変えてみることに。カンクーンでおばちゃんにこんな髪型にしてもらいました

 

f:id:karenm:20170930182053j:plain

 

思うように髪の毛を洗えないのが少しイライラ要素。でも雰囲気がらりと変わってとても楽しかった。なんかこの髪型に帽子かぶってジャージで出歩いてたらEXILEのキッズダンサーって言われた(笑)この髪型は確か一ヶ月くらいもったかな。

 

その後日本に一時帰国して美容院にいくと髪の毛をもっと大事にしてくださいと怒られる。アメリカにいると水の質が違うからか髪の毛が必要以上に傷むんだけど、きちんと髪の毛が乾かせない三つ編みとかは更に髪の毛を傷めているようで・・・毛先を切られ(切ってもらい)しばらく大人しくすることに。夏は就活もあったしね!

 

アメリカに戻り、就活もひと段落し次はどうしようかな〜と思ってた頃にサンクスギビングでミネアポリスへ。そこでまた三つ編み。今度は太いやつ。友達と一緒にやってもらった。

f:id:karenm:20170930182352j:plain

これも2週間半くらいだったっけ。太いほうが後毛とかでてくるのが早くてそれが気になって取っちゃった。でも2週間がっつり緑だしめだったよね。

 

さて、髪の毛をなんかするたびにお金がかかるのが嫌だったので、今度は自分で染めるのに挑戦してみよう!となり頻繁に自分で染めているアメリカ人友達にいろいろと教えてもらいお次はピンクのtip dyeに挑戦♡

ブリーチして、金髪もどきになったのを1週間楽しみ、

f:id:karenm:20170930182438j:plain

その後ピンクへ。これも1ヶ月くらいもったんだけど、その後はオレンジっぽい色が残ったプロンドに戻り・・・

そして卒業前に合わせて髪の毛を今度は青色に♡

でも速攻でぬけた(笑)しかもそんなに綺麗に入らないかつ目立たなかった。から写真はなし。 

 

どんどん青色が抜けたまま日本に本帰国。そして就活をいやでもしないといけなくなり、染めていた部分の髪の毛をカットしボブヘアになりました。

tip dyeのいいところは毛先だけなので切ってしまえばショートヘアにはなるけどいつでも面接おっけー!だしリセットが可能なところ。自分の地毛の黒色も残ってるのが嬉しい:)

 

でもやっぱり黒髪って少しテンションが下がってしまって、就活終わったら早速ブリーチキットを買って家でブリーチしちゃった(笑) 

で、残っていた青か赤ピンクをいれようかと思ってたんだけど、日本のブリーチキットってやっぱりアメリカほど薬剤が強力じゃないから思ったより色が抜けなくて。。。

色を入れても綺麗に入らなさそうだったからまた少し日にちあけてブリーチしようと思ってたんだけどサマースクールがあり、サマースクールが終わったらバイトの面接を受けてその時に青や赤の髪の毛はNG!と言われたので今は結局毛先が茶髪/金髪のままなんです・・・・。はあ。

ちなみに内定者懇親会に毛先が茶髪/金髪のまま行ったら見事に髪の毛が黒色じゃないの自分だけで浮いてました(目立ってました)w

 

 

バイトがなければ染めるのになぁ。てずっと思ってる。

暇になると(というかなんか刺激たりないな・つまんないな〜って思うと)髪の毛を染めて楽しんでたのにそれができなくなった今、どうしよう!となり、つい最近髪の毛を染める代わりに初アイブローカットいってきた!笑

カットしてくれたお姉さんに「なんかアイブローにコンプレックスでもあるから来たんですか〜?」とか聞かれて、「いや、暇だったので来ました!」って言ったら笑われた。

 

でもアイブローカットなんて一回いっちゃうとそれほど変化だしようないし。たいして雰囲気変わった感じしないし。次髪の毛が染めたくなったら代わりに何をしたらいいんだろう。誰かアイディアください。。。

 

おわり

最近読んだ本5冊

家の最寄駅に市の図書館があるので、最近ちょこちょこ本を借りに行くように。

昔は本が大好きだったのに、大学にいた3年間はアメリカにいたからっていうのもあってほとんど本を読んでなかったな 〜(というか教科書読むのに毎日必死で他の本読むどころじゃなかった笑)

 

f:id:karenm:20170913142407j:plain

本屋やネットで見つけて予約して借りた本や本を借りにいったついでに図書館をぶらりして出会った本。何を読んだかの記録もかねて:)

 

Lean in 

Facebook COOのシャリル・サンドバーグさんの本。本当は英語で読みたかったんだけど図書館にはもちろん日本語しかなかったので日本語で。

意外と読むのに時間がかかるっていうのが感想(笑)統計が多かったり、人の名前がやたらたくさん出てきたりするからかな?

 やっぱり4月から日本で日本らしさがかなり残っている企業で働くから、この本で書かれていたことを忘れないようにしたいなって思った1冊。女性が社会でどうやったら活躍できるかについてサマースクールのセミナーから考えてたから、いいインプットになった気が。

 

旅猫リポート

 

有川浩さんの本だったから、たまたま借りてみたんだけど借りてよかったな〜と思った本。これが犬だったらもっと好きだった。笑

でも多分猫だから成立するお話かな。

おすすめです。

 

ダンナが会社をやめたいと言いだしまして


これもたまたま図書館で見つけた本(というか漫画?)なんだけど、かるーく読める&ちょっと気になってた内容だったのでよかったです◎

将来もし結婚して、結婚した相手が会社をやめると言ったら、まあ反対はしないだろうな。むしろ応援するだろうなとか思ったり。でも子供がいたらまた状況が変わるのかなとか思ったり。

でもやっぱり個人的には会社をやめるっていう少しリスキーなことをあっさりとできる人ってかっこいいと思うし面白い人生生きてそうでいいなって思うな〜

 

レディのルール

 

こういう類の本結構好きなんだけど、基本流し読み/部分読み。気になった項目とか取り入れてみたいかもっておもう項目しか読まない(笑)

とりあえず1日1万歩が理想って書いてたから、1日1万歩こうと思った(笑)アイフォンにはじめから入ってるアプリで確認したら、週2日くらいしか1万歩超えてなかったからもっと意識的に歩いてみようと思う。

 

真夜中にシュークリーム

 

読むのを楽しみにしてたはあちゅうさんの本。読んだ感想は、とにかく素敵ってこと。あんな感じに言葉で伝えれるのってすごいなってこと。伝え方とか言葉の使い方とか素敵。

 

あとね、たまにどうでもいいこととか笑える話とかが間にあったりして◎2回読んじゃった(笑)

はあちゅうさんの他の本もはやく読みたいな〜

 

------------

とりあえず最近読んだ5冊でした〜

 

 

 

サマースクールに運営委員として参加し続ける理由

 

今更だけど7月末〜8月は怒涛の一ヶ月だったんです。

毎年のことながらサマースクール。去年とはまた違った意味で大変だった〜 

f:id:karenm:20170827220320j:plain

3月から実行委員として準備してきたサマースクールが2つとも終わりました。

(引き継ぎとかがあるので正確にはまだ終わってないけど)

一つ終わった翌日からもう一つが始まったので一ヶ月間ずっと出ずっぱり。大阪→東京→小松(石川県)→東京→山梨→東京→大阪と移動も多めでやっと家に帰ってきた感が半端ない。

今年は連続2つのサマースクールで、周りから「ハードすぎるやん!」って言われ続けたんだけど、そして実際にめっちゃ体力的にハードだったんだけど、それでもかれんがサマースクールをやろうって思う理由があって。伝えれた人もいるけど伝えられていない人もたくさんいるからここに書こうかと。

 

・高校生に伝えたいことがある

 多分、運営委員として関わっている大学生スタッフの全員が高校生に伝えたいことがあって参加していると思うんだけど、かれんにも高校生に伝えたいことがいくつかあって、それをどれだけ多くの高校生に今年もサマースクールを通して伝えられるかなって考えてます。

 

かれんが高校生に伝えたいことはいくつかあって。全て自分が高校生の時に知ってたらって思うこと。というより正確には高校2年生までに知りたかったこと、かな。

 

ひとつめは、選択肢って無限にあるっていうこと。世界は広いってこと。

例えば今、目の間に一つの大学しか選択肢になかったらもう一度考えて欲しい。本当に一つしかない?本当に一つでいいの?

かれんは高校3年の夏まで一つの大学の一つの学部しか見てなくてそこに行くのが当たり前だってずっと思ってた。でも海外進学っていう選択肢があるっていうことを知って、急にその選択肢がすごく魅力的に見えてきて高校3年の11月に進路を変更しました。でも急だったから準備不足な海外進学になったし、たくさんの人に迷惑もかけた。だからかれんよりもっとはやく気づいて欲しいなって。

世界って広くて、世界に出たらまた選択肢が増えるっていうのを感じてほしい。英語が話せるようになったらどれだけの人と話せるようになるか実感してほしい。

かれんが中高一貫で小さいコミュニティーの中にずっといて、USHSDに参加した時はもう本当にびっくりしたもん。よく海外旅行してたから世界を他の子たちより知ってたつもりだったけどかれん以上に世界についてみんな知っていて、だからこそ選択肢がかれんより多くあって。

少しずつ狭いコミュニティから広いコミュニティにでてほしい。サマースクールがその第一歩になったらなぁ

 

 

ふたつめは、海外進学=すごいことじゃないっていうこと。 

海外進学をかれんみたいな人とサマースクールで出会うことで身近に感じてほしい。意外と誰にでも挑戦できる選択肢なんだって思って欲しい。前にも書いたんだけど、海外進学する人は世界の違う人だとか思う人がたくさんいるんだけど、でも意外と誰でも、海外大学を卒業できちゃうんだって知って欲しいなって。

 サマースクールに参加する人は高校生も大学生もみんなすごい人に見えて、みーんな自分よりすごい人ばっかりって誰もが劣等感を感じるんだけど、実はそういうすごい人たちみたいなことをできるポテンシャルってみんな持っているんだとかれんは思ってる。

だからサマースクールで自分はだめだって思うんじゃなくて自分もできるかもしれないっていう良い刺激を受けてほしいな・・・

 

高校生活を全力で楽しんで欲しい

 これは自分が中高生活つまんなくて、もったいないことをしたな〜って思うから。

そして、4月から社会人ってことを考えた時に、やっぱり自分の直感やフィーリングだけを大事にしてたらダメっていうことを実感してるから。学生であるってすごい特権だよね。社会人になったらある程度現実的なことを考えないといけない。ただやりたいことを直感やフィーリングでやってたらだめなんだなって。

直感やフィーリングを優先するならかれん就職しなかったと思う(笑)あるいは就職することを決めたとしても就職予定先とは違う企業を選んでたと思う。

お金のこととか、家族や周りの人たちからの期待や無言の圧力的なものとか。自分が何を優先するかにもよるんだろうけど、かれんは自分の直感やフィーリングよりも優先するべきだと感じるものが他にもあってそれを優先しつつ見つけたのが今の選択。

置かれた場所で咲くのは得意だし、咲く気しかないから、どの選択をしても大丈夫な自信はあったけど(笑)、学生の特権っていうものがもっと続いてほしかったな〜と思うから高校生には全力で高校生活+大学生活を満喫してほしいな〜と思う日々。

 

・自分自身も刺激を受けたいから

サマースクールに集まる人って面白い人が多くて。非日常的な毎日の中で受ける刺激ってたくさん!

 自分自身の視野が広がるのを毎回実感するから毎年やりたくなる。学ぶって楽しいなって毎年セミナーで感じるからまたセミナーのアシスタントしたいなと思う。答えのない問いをみんなで考えたりする時間が楽しいからまたそんなことを話し合える新しい友達を作りたいなって思う。

 

サマースクールの運営って任期も長いし、コミット量が半端ないのに全部ボランティア(宿泊代とか交通費とかは負担してもらえるけど)。それを言うと、なんでそんな大変なこと無償でやってるの?ってよく聞かれるんだよね。

でも多分、バイトとかで得ることのできないものが得れるから、お金じゃ得られないものが得られるからなんだよね。自分自身も何回か、こんなことするよりバイトしてお金貯めて旅行行ったほうがいいんじゃないかなって思うことがあったんだけど、

 

達成感があるから、という理由で運営をやっている人も多分いるんだけど、かれんにとってはそこはあんまり重視してなくて。そりゃサマースクール最終日にみんなが喜んでたり泣いてたりしてたら「やってよかったな〜」っておもうんだけど、それが来年もやりたいにつながるかといったら直接は関係してない気がする。

そういうのじゃなくて、伝えたいことがあってそれをできるだけ多くの高校生に伝えるには毎年参加したいって思うからまた参加しようと思ってるんだな〜

 

来年は社会人なってるから、時間的にどう考えても運営委員はできないのがとっても残念。でも何年後かに、サマースクールに今度はゲストスピーカーとして戻ってやろうと密かに燃えてます(笑)そのためには何か大きいことをやらかさないと!