「ふぃ」を大切に。

Proving through my life that everything happens for a reason (:

最近読んだ本5冊

家の最寄駅に市の図書館があるので、最近ちょこちょこ本を借りに行くように。

昔は本が大好きだったのに、大学にいた3年間はアメリカにいたからっていうのもあってほとんど本を読んでなかったな 〜(というか教科書読むのに毎日必死で他の本読むどころじゃなかった笑)

 

f:id:karenm:20170913142407j:plain

本屋やネットで見つけて予約して借りた本や本を借りにいったついでに図書館をぶらりして出会った本。何を読んだかの記録もかねて:)

 

Lean in 

Facebook COOのシャリル・サンドバーグさんの本。本当は英語で読みたかったんだけど図書館にはもちろん日本語しかなかったので日本語で。

意外と読むのに時間がかかるっていうのが感想(笑)統計が多かったり、人の名前がやたらたくさん出てきたりするからかな?

 やっぱり4月から日本で日本らしさがかなり残っている企業で働くから、この本で書かれていたことを忘れないようにしたいなって思った1冊。女性が社会でどうやったら活躍できるかについてサマースクールのセミナーから考えてたから、いいインプットになった気が。

 

旅猫リポート

 

有川浩さんの本だったから、たまたま借りてみたんだけど借りてよかったな〜と思った本。これが犬だったらもっと好きだった。笑

でも多分猫だから成立するお話かな。

おすすめです。

 

ダンナが会社をやめたいと言いだしまして


これもたまたま図書館で見つけた本(というか漫画?)なんだけど、かるーく読める&ちょっと気になってた内容だったのでよかったです◎

将来もし結婚して、結婚した相手が会社をやめると言ったら、まあ反対はしないだろうな。むしろ応援するだろうなとか思ったり。でも子供がいたらまた状況が変わるのかなとか思ったり。

でもやっぱり個人的には会社をやめるっていう少しリスキーなことをあっさりとできる人ってかっこいいと思うし面白い人生生きてそうでいいなって思うな〜

 

レディのルール

 

こういう類の本結構好きなんだけど、基本流し読み/部分読み。気になった項目とか取り入れてみたいかもっておもう項目しか読まない(笑)

とりあえず1日1万歩が理想って書いてたから、1日1万歩こうと思った(笑)アイフォンにはじめから入ってるアプリで確認したら、週2日くらいしか1万歩超えてなかったからもっと意識的に歩いてみようと思う。

 

真夜中にシュークリーム

 

読むのを楽しみにしてたはあちゅうさんの本。読んだ感想は、とにかく素敵ってこと。あんな感じに言葉で伝えれるのってすごいなってこと。伝え方とか言葉の使い方とか素敵。

 

あとね、たまにどうでもいいこととか笑える話とかが間にあったりして◎2回読んじゃった(笑)

はあちゅうさんの他の本もはやく読みたいな〜

 

------------

とりあえず最近読んだ5冊でした〜

 

 

 

サマースクールに運営委員として参加し続ける理由

 

今更だけど7月末〜8月は怒涛の一ヶ月だったんです。

毎年のことながらサマースクール。去年とはまた違った意味で大変だった〜 

f:id:karenm:20170827220320j:plain

3月から実行委員として準備してきたサマースクールが2つとも終わりました。

(引き継ぎとかがあるので正確にはまだ終わってないけど)

一つ終わった翌日からもう一つが始まったので一ヶ月間ずっと出ずっぱり。大阪→東京→小松(石川県)→東京→山梨→東京→大阪と移動も多めでやっと家に帰ってきた感が半端ない。

今年は連続2つのサマースクールで、周りから「ハードすぎるやん!」って言われ続けたんだけど、そして実際にめっちゃ体力的にハードだったんだけど、それでもかれんがサマースクールをやろうって思う理由があって。伝えれた人もいるけど伝えられていない人もたくさんいるからここに書こうかと。

 

・高校生に伝えたいことがある

 多分、運営委員として関わっている大学生スタッフの全員が高校生に伝えたいことがあって参加していると思うんだけど、かれんにも高校生に伝えたいことがいくつかあって、それをどれだけ多くの高校生に今年もサマースクールを通して伝えられるかなって考えてます。

 

かれんが高校生に伝えたいことはいくつかあって。全て自分が高校生の時に知ってたらって思うこと。というより正確には高校2年生までに知りたかったこと、かな。

 

ひとつめは、選択肢って無限にあるっていうこと。世界は広いってこと。

例えば今、目の間に一つの大学しか選択肢になかったらもう一度考えて欲しい。本当に一つしかない?本当に一つでいいの?

かれんは高校3年の夏まで一つの大学の一つの学部しか見てなくてそこに行くのが当たり前だってずっと思ってた。でも海外進学っていう選択肢があるっていうことを知って、急にその選択肢がすごく魅力的に見えてきて高校3年の11月に進路を変更しました。でも急だったから準備不足な海外進学になったし、たくさんの人に迷惑もかけた。だからかれんよりもっとはやく気づいて欲しいなって。

世界って広くて、世界に出たらまた選択肢が増えるっていうのを感じてほしい。英語が話せるようになったらどれだけの人と話せるようになるか実感してほしい。

かれんが中高一貫で小さいコミュニティーの中にずっといて、USHSDに参加した時はもう本当にびっくりしたもん。よく海外旅行してたから世界を他の子たちより知ってたつもりだったけどかれん以上に世界についてみんな知っていて、だからこそ選択肢がかれんより多くあって。

少しずつ狭いコミュニティから広いコミュニティにでてほしい。サマースクールがその第一歩になったらなぁ

 

 

ふたつめは、海外進学=すごいことじゃないっていうこと。 

海外進学をかれんみたいな人とサマースクールで出会うことで身近に感じてほしい。意外と誰にでも挑戦できる選択肢なんだって思って欲しい。前にも書いたんだけど、海外進学する人は世界の違う人だとか思う人がたくさんいるんだけど、でも意外と誰でも、海外大学を卒業できちゃうんだって知って欲しいなって。

 サマースクールに参加する人は高校生も大学生もみんなすごい人に見えて、みーんな自分よりすごい人ばっかりって誰もが劣等感を感じるんだけど、実はそういうすごい人たちみたいなことをできるポテンシャルってみんな持っているんだとかれんは思ってる。

だからサマースクールで自分はだめだって思うんじゃなくて自分もできるかもしれないっていう良い刺激を受けてほしいな・・・

 

高校生活を全力で楽しんで欲しい

 これは自分が中高生活つまんなくて、もったいないことをしたな〜って思うから。

そして、4月から社会人ってことを考えた時に、やっぱり自分の直感やフィーリングだけを大事にしてたらダメっていうことを実感してるから。学生であるってすごい特権だよね。社会人になったらある程度現実的なことを考えないといけない。ただやりたいことを直感やフィーリングでやってたらだめなんだなって。

直感やフィーリングを優先するならかれん就職しなかったと思う(笑)あるいは就職することを決めたとしても就職予定先とは違う企業を選んでたと思う。

お金のこととか、家族や周りの人たちからの期待や無言の圧力的なものとか。自分が何を優先するかにもよるんだろうけど、かれんは自分の直感やフィーリングよりも優先するべきだと感じるものが他にもあってそれを優先しつつ見つけたのが今の選択。

置かれた場所で咲くのは得意だし、咲く気しかないから、どの選択をしても大丈夫な自信はあったけど(笑)、学生の特権っていうものがもっと続いてほしかったな〜と思うから高校生には全力で高校生活+大学生活を満喫してほしいな〜と思う日々。

 

・自分自身も刺激を受けたいから

サマースクールに集まる人って面白い人が多くて。非日常的な毎日の中で受ける刺激ってたくさん!

 自分自身の視野が広がるのを毎回実感するから毎年やりたくなる。学ぶって楽しいなって毎年セミナーで感じるからまたセミナーのアシスタントしたいなと思う。答えのない問いをみんなで考えたりする時間が楽しいからまたそんなことを話し合える新しい友達を作りたいなって思う。

 

サマースクールの運営って任期も長いし、コミット量が半端ないのに全部ボランティア(宿泊代とか交通費とかは負担してもらえるけど)。それを言うと、なんでそんな大変なこと無償でやってるの?ってよく聞かれるんだよね。

でも多分、バイトとかで得ることのできないものが得れるから、お金じゃ得られないものが得られるからなんだよね。自分自身も何回か、こんなことするよりバイトしてお金貯めて旅行行ったほうがいいんじゃないかなって思うことがあったんだけど、

 

達成感があるから、という理由で運営をやっている人も多分いるんだけど、かれんにとってはそこはあんまり重視してなくて。そりゃサマースクール最終日にみんなが喜んでたり泣いてたりしてたら「やってよかったな〜」っておもうんだけど、それが来年もやりたいにつながるかといったら直接は関係してない気がする。

そういうのじゃなくて、伝えたいことがあってそれをできるだけ多くの高校生に伝えるには毎年参加したいって思うからまた参加しようと思ってるんだな〜

 

来年は社会人なってるから、時間的にどう考えても運営委員はできないのがとっても残念。でも何年後かに、サマースクールに今度はゲストスピーカーとして戻ってやろうと密かに燃えてます(笑)そのためには何か大きいことをやらかさないと!

 

 

 

最近びっくりされたこと。

今日は誰か共感してくれたら嬉しいな程度の結構どうでもいい投稿です。

 

よく、友達に、かれんって英語話せるから、洋楽の歌詞も全て聞き取れるんだよねって言われるんです。(これ、よく言われるよね?)

で、いつもかれん的答えは「めちゃんこ頑張れば8割くらいはわかると思う。というか曲によると思う。」

めちゃんこ頑張れば、っていうのは昔中学校であったリスニングの授業のようにペンを片手にひたすらリスニングして書き取るっていうことを実施すれば、の話。曲によるっていうのはやっぱり昔の曲(カーペンターズとか)だったらスピードが遅いから全部聞き取れるだろうけど、最近のスピードが早くて歌詞を見ながら歌うのもついていくのが厳しいやつは8割も聞き取れるか正直わからないっていうこと。

 

ついこないだ、びっくりなんだけどママにも同じ質問を聞かれて!!!

友達に聞かれたときの様に答えたらさらに「でも歌詞気にならないの?」って突っ込まれて、説明したらびっくりされたんだけど、かれんって歌詞を気にして音楽を聞いたことがない(笑)

音楽は雑音と思っていて、メロディーしか気にしないから、歌詞なんか覚えようとか聞き取ろうと思ったこともなくて(これは邦楽・洋楽に関係なく)、カラオケで歌ってはじめて失恋ソングだったってことを知ったりすることがよくあるの。

 

これにうちのママはびっくりしたみたい。笑

音楽ってメロディーだけじゃなくて歌詞もセットなのに〜歌詞がいいと感動したりするのに〜って言われた。

歌で感動ってあんまりしないんだよな〜なんか、友達で作詞作曲している子がいて、その子の曲はどんな歌詞か知りたくて(だって全部自分で作ってるってすごいじゃん!)、歌詞を読んで感動したことはあるんだけど、それぐらいで、有名人の歌の歌詞は全く気にならない。

 

それだけ音楽にあんまり執着心がないというか、芸術分野には無関心というか。心が冷たいのか。。。

 

似たような感じで、かれん単純な映画しか好きじゃなくてあんまり頭使う映画とか考えさせられる映画とか嫌い。

例えば主人公が2役してた・・!みたいなやつとか、時代がいったりきたりするやつとかはめんどくさいから嫌い。

ひねりがなくて単純に笑える映画しかみたくない。

ちなみにドラマは不倫ドラマが好き。笑

f:id:karenm:20170910105130j:plain

 

写真は大阪でやってた魔法の美術館ってやつに行った時(:

おわり。

 

 

 

想像している未来って案外はやく実現するのかもしれない。

Elon Muskって人がやばい。

 

こないだ久しぶりに中高時代お世話になっていた英語学校の先生とご飯にいったんだけど、その時トランプの話から派生してElon Musk(イーロン・マスク)って人が話題に上がって。

気になったからちょっとググってみたんだけどこの人ほんとすごい。すごすぎる。

  • Elon Musk is revolutionizing transportation both on earth and in space.
  • Tesla Motors, his auto manufacturer, is bringing fully-electric vehicles to the mass market. Its Model 3 car retails for a starting price of $35,000.
  • SpaceX, Musk's rocket company, is now valued at more than $20 billion.
  • He grew up in South Africa, then immigrated to Canada at age 17. He landed in the US as a transfer student at the University of Pennsylvania.
  • Musk was a cofounder of Paypal; he scored a huge payday when the business was acquired by eBay for $1.4 billion in 2002.

なんか何個ビジネスするの?って感じだし、もう異次元の話するし。

www.ted.com

 

このTED talkめっちゃ長くて見るか迷ったんだけど、なんかすごい簡単にあと◯年後にはこうなってるっていう話をするからさ、本当にそうなってるかもって思ってしまう。

この人のいう通りになったら、あと10年後とかの世界はすごいことになってるな〜

 

あとね、笑っちゃうのが、この人の立ち上げた会社の名前がThe boring companyっていうこと(笑)おもしろすぎるよね。

TED talkの中でも何回か、未来の話とかがでてきてBoringじゃない未来をこの人なら作るんだろうなっていうのがすごい感じられてちょっとワクワクした。

こんな人のいる会社で働きたいな〜って思ったり。

こんな人たちしかいない社会に日本がなったら面白いのにな〜って思ったり。

 

最近暇だしTED talkにはまりすぎてる、笑

のでぜひおすすめあったら教えてください〜!

 

セミナーで考えた②migrateする人々について

前回のサマースクール中のセミナーについてその②

karenm.hatenablog.com

 

1つ目はは政治学ベースの授業だったんだけど、2つ目はMigration and social integrationについてと社会学ベース。

このセミナーも学びが多くて楽しかったの。社会学もいいな〜ってなった(笑)

 

まずはこの動画からセミナーがスタート。

www.youtube.com

 

個人的にこの動画、とってもわかりやすくPush factorとPull factorをまとめていてわかりやすいな〜って思った。

そしてMigrant/Refugee/Asylum seeker/Immigrantという4つの単語の違いをみんなで考えたんだけどこれって結構大事で、でも難しくて。

かれんみたいに海外進学した人もMigrantって呼ばれるってあんまり日本では言わないから少し違和感だよね〜っていう話をしたり。Refugeeって結構簡単に使ってるけど、Refugeeって呼ばれる人はAsylum seekerにまずなって、Refugeeとして受け入られたからこそRefugeeって名乗ることができる・Refugeeというステータスがもらえるっていう話とか。

 

あとはこのすごい画期的なサイトを使ってRefugeeが時代ごとにどう増えたり減ったりしたかなど気づいたことをみんなに発表してもらったり。

 

2日目には日系人についても動画を見て話し合ってみたり。日本にいるとみんな同じ日本人であんまり気づかない人も多いけど、実は日本にも日系人と呼ばれる人や、無国籍の人やらといろんな人がいるんだよね〜って再確認。

 

3日目はメインでもあった難民の受け入れについてデンマークをメインに勉強。かれんデンマークってイメージ本当になかったから、もうへ〜の連続!

デンマークって、レゴの生まれた国で、世界で一番幸せな国ってよく言われてるって知ってた?!?!そんなデンマークは難民の受け入れもたくさんしてるんだけど課題もたくさんあったり。

www.youtube.com

 

とりあえずこの動画みてデンマークに行ってみたくなったのでヨーロッパ旅行行く時はデンマークも立ち寄りたいな〜

 

このセミナーでは毎回とってもinteractiveなアクティビティがあったり動画があったりで3日間だけのセミナーだったけどかなり内容が詰まっているだけじゃなくて記憶に残りやすいセミナースタイルだったな〜と。

そしてそんなセミナーをアシスタントできてラッキーだったな〜と。

 

あとどうでもいい話だけど、ペアの子がベトナム人だったんだけど肌の色といい服の趣味といい顔といい全てそっくりでサマースクール期間中しょっちゅう間違えられた件(笑)

自分でも言われてびっくりしたけど、確かに似てて衝撃だった、。世の中に自分と似ている人は3人いるとかいうけど結構がちめに一人目にあってしまったかも。

さようなら8月。こんにちは7ヶ月のギャップターム!

6月は就活でばたばた。7月はサマースクールの準備でばたばた。8月はサマースクール本番でフル活動。

それが終わって9月になるとカレンダーが真っ白!笑

唯一ある予定は母校での英語キャンプにリーダーとして行くことと東京にいるお姉ちゃんにちょろっと会いに行く家族旅行くらい。

 

4月に入社するまでの約7ヶ月をどうやって過ごすか。これ結構難しい。時間がありすぎてぐうたら過ごさないようにしたいなと思っていろいろと考えてるんだけど、すでになんかもう何を目標に4月まで楽しんだらいいかわかんなくて若干鬱。

 

理由その①:せっかく7ヶ月もあるんだから遅れた青春を取り戻したいのに青春してくれる友達が全然大阪にいない(もともと友達いないけど東京ならまあもう少しはいると思う。)

理由その②:ただバイトするだけなんて面白くない。7ヶ月を他人が過ごせなかったような7ヶ月にしたいのに何も思いつかない。

理由その③:面白そうなイベントやセミナーが東京開催ばっかしでもう東京に住んだ方が早い気しかしない

 

・・・みたいな感じでマイナスな理由がどんどん思いついてもはや10月入社の会社探せばよかったーんなんて思い出す始末w

 

てところでやっとバイト一つ決まった!初のアパレルバイト〜でももう一つ掛け持ちしたいからバイト探し引き続き。。。 

 

とか言っててもしょうがないしとりあえず、やりたいこと・やってみたら面白そうなことをリストアップするしか!あとはタイミングよく何か見つかってトントン拍子に進めばな〜あと。

 

やりたいことリスト

①韓国に留学している友達に会いに韓国旅行

②ネパールの友達に会いにネパール旅行

③フィリピンの友達に会いにフィリピン旅行

④名古屋の友達に会いに行く(これ10月決定)

⑤セカンドピアスを開ける(これ涼しくなってきたしもういつでもできる)

⑥髪の毛を緑色に染める(これアパレルのバイト的にNG......)

⑦なんかタレントを探す(ピアノとかウクレレとか習おうかな)

⑧きれいな海のあるところでぐうたら(やっぱり沖縄近いし沖縄行きたいな。)

⑨誰かのコンサート行きたい(コンサート、大学の以外行ったことないもん)

10.なんかの資格とる(でも7ヶ月じゃ3級レベルで終わりそう・・・)

 

本当はもっと面白いことしたい・・・・けど面白いことが思いつかない・・・

一つサマースクール終わって思ったことは、何か披露できる特技を持ってる人がうらやましい!ってなったこと。ピアノはもう弾けなくなっちゃったし、歌も上手くないし、ダンスもできないし、自分ってみせることのできるタレントが全くないな〜って。とっても欲しくなったからこの7ヶ月で何か身に付けたいな〜

 

最近時間あるからTED talkを見漁ってるんだけど、全世界の本を読んだみたいな人いてこういうのもありー!ってなった◎時間があるからこそ今ならできそう。でももうやってる人がいることは面白くないからやりたくない(笑)

とりあえずいわゆる自分磨きをしながら面白いことを探し続けるか〜

7ヶ月でできる面白いことあったらぜひ教えてください!

 

 

 

 

セミナーで考えた①日本における女性の活躍について

サマースクールではセミナーを海外大生が高校生に英語で教えるのですが、それにありがたいことにアシスタントとしてかれんも一緒にセミナーを教えました(受けました)!

 

海外大生はそれぞれ自分の専攻or趣味に関連したセミナートピックを選びシラバスを作って準備してきてくれます。各セミナーにアシスタントとしてつく日本人大学生は必ずしもそのトピックに詳しくなくても大丈夫で学びながら準備する、というスタンスです。

このセミナーが学びが多くて本当に楽しい!勉強ってやっぱり楽しい、もっと知りたい!と思えるのがセミナーのよさ。教えるのがうまい海外大生に思わずアシスタントする立場のかれんもがっつり学ばせてもらいました〜

 

今日はかれんがこの夏受けたセミナー2つのうちの1つ、Women in Politicsというセミナーで学んだことを少しシェア。

このセミナーでは、政治界にしめる女性の立場などを2016年にアメリカ大統領選挙から考えたり、女性が社会で活躍するためにどうするべきかなどということを考えました。そして最終日に向けて、スピーチを作るというのもゴールの一つ。ただ政治界の女性について&女性の活躍について学ぶだけではなくて、活躍している女性たちかスピーチの仕方を学ぶというのも課題の一つでした。

 

使った主な教材は女性のスピーチなどの動画。英語でのセミナーなので、ただの読み物よりも動画の方が勉強しやすいという配慮と、有名人のスピーチなら日本語訳があるという配慮から。

 

まず初日の授業では、日本だけではなく他国でも女性の政治界での活躍がいかに少ないかについてのレクチャー。

例えばインドは日本と同じくらい女性の政治家の割合が少ないみたいなんだけど、インドではすでに30%は女性にしようという取り組みが決まっているとか。

そして2016年のアメリカ大統領選挙にも注目。ヒラリーがなぜ大統領にならなかったかについて、アメリカの選挙システムについて学びながら考えました。

 

 

2日目は有名なこのTed talkを使って政治界だけではなく社会一般での女性の活躍についてみんなでディスカッション。 

www.ted.com

 

このTED talkは何度も見たことがあったんだけど、高校生に見てもらうのにばっちりだったな〜と。

というのも日本人のイメージ的に、アメリカって日本よりも女性が活躍しやすいイメージが強いと思うのだけど、彼女が話しているように、アメリカもまだまだだっていうのがわかってもらえる良いきっかけだったから。

もちろん、日本に比べたらアメリカは女性が活躍しやすい社会なのかもしれないけど、アメリカで働いている彼女がこう感じてるんだからアメリカもまだまだなんだな〜って。

 

3日目はミシェル・オバマさんのスピーチを使用。

www.youtube.com

 

2016年大統領選挙について前日の授業内容を振り返りながら、女性が"Crack the grass ceiling"することの大事さについて考えると共に彼女のスピーチの良さについても着目。

 

彼女の話し方はもちろん、スピーチに比較対象を入れたり、過去の話や個人的なストーリーを入れることでいかに観客を引き込むことができるかについて分析しました。

 

最終日は日本だけに注目し、女性の活躍がいかに増えていないかを日本の歴史を振り返って勉強。70年前に日本の女性は投票する権利と選挙に立候補する権利を手に入れたけどその当時から女性の割合が1%ほどしか増えていない現実にはかれんも唖然。。。

過去に小泉首相が頑張って女性を政治界に巻き込もうとした話や、安倍首相も働く女性のサポートをしようとした話をしながらも、なぜ女性の活躍がいまだに増えていないのか、社会がどうなれば女性は活躍できるようになるのかについてみんなで話し合いました。

 

こういう授業って日本の高校では本当にないから、高校生のためにすごくなったんじゃないかな〜

英語で授業が全部行われるっていうのもそうだし、アメリカについて注目してする授業やアメリカと日本を比べて政治について学ぶとか、どうしても日本の高校だと日本メインに教えられるからすごい貴重だったと思う。

アメリカの選挙方法についてはかれんもあんまりよく分かってなくて、高校生向けに噛み砕いて説明してくれたのですごく理解が深まったのが嬉しかった〜

というかこのセミナーを高校生の時にかれんが受けていたらもしかしたら政治を専攻にしてたかもしんなしとか、ジェンダー学を専攻にしてたかもしんないなとか思うくらい、もっと知りたくなったし勉強って楽しいなって思いました。

 

もう大学卒業しちゃったけど、少しまた新しい興味分野が増えたから、自分で調べたりしながら社会人になっても常に勉強し続けていきたいな〜と思ったセミナーだったんです◯